34w検診と血糖値コントロール ​

お腹の姫の推定体重は1900g。
だいぶおっきくなったので、もう3Dエコーじゃ顔のどアップしか撮れない。
美人なお顔拝見は産まれるまでのお楽しみだなぁ。

まだ、羊水の中で、ぐるんぐるん動いてるらしく、アンヨも左脇腹いったり、右脇腹いったりしてるみたい。
脇腹蹴られると痛いのよね…
がああああああ!と悶絶してしまう。
蹴られた脇腹さすりつつ、ポコちゃ(←胎児ネーム)、そこは痛い、痛いのよおう( ; ; )と訴えることもしばしば。
胎動激しくなってきてから、おかしな擬音語を発するようになってきたな…どふう!とか、おうふあ!とか(笑)

そういえば、ようやくお腹が張るという意味がわかってきました。
今までも張ってたことはたくさんあったんじゃないかと思うのどけど、診察台に横になった時、「これ、張ってる状態?」と指摘され、初めて自覚しました。
立ったり、歩いたり、次の動作に入った時に張ったりしてたっぽい。
でも、すぐおさまるので大丈夫みたい。
指摘された時、お腹がカッチカチになってて思わず感心してしまいました。

あと胎盤の位置。
うーん、子宮口から2.1センチって言われた…縮んだ?
低地胎盤は相変わらずだけど、通常分娩の範囲内ではあるらしい。
さすが周産期母子医療指定病院?
下から頑張りましょう!と言われたからがんばる( ̄^ ̄)ゞ
でも輸血が怖いので、次回念のため貯血の必要がないか、確認してみようと思います。

その後、栄養指導へ。
たった1、数値を、オーバーしただけでも、妊娠糖尿病指定( ; ; )
1日1700キロカロリーの食事例を出され、我が目を疑いました。
お昼ご飯でよく食べてた素麺、パスタはダメだってええ!
簡単だからつい作ってたけど、カロリー高いんだってええ…
大好物なのに!( ; ; )
アボカドもダメだってえ…まぁ、森のバターだもんね…それはそうよね…( ; ; )
朝もトーストにバターより、トーストにとろけるチーズ。
青魚より赤身の魚、豚コマNG、赤身の肉で、などなど。
勉強になりました。
あらためて、脂って美味しいのねーと感心してしまいました(^_^;)

でも、妊娠糖尿病にかかった人は、産後も糖尿病になるリスクが7倍高いというし、今は頑張るしかないです。
まぁ、私の場合は高齢ってことが主な要因でしょうね…。

医療が進んで、問題が起きる前に対策ができるようになった、ということなんでしょうけど、改めて妊婦さんは大変だわ、と思いました。
アレもダメ、コレもダメ、だもんね…( ; ; )

産んだら好きなもん食べるんだー!
産んだら赤ちゃんと一緒に運動するんだー!

そういえば、前のブログで赤ちゃんと一緒にプールで泳ごう、とか言ってましたが、義母いわく、歩く方がきついんだよ、とのこと。
というわけで、歩くことにしました(笑)

コメント