生後25日目

毎度ではないものの、相変わらずな、

うんPギャン泣き(^_^;)

今日はねんねの最中、ふと目覚めた瞬間、腹の具合がおかしいことに気づいたらしくギャン泣き。
精神安定剤代わりにとパイさしだすも、興奮しすぎてくわえることもできない(^_^;)
結局、ズビズバーン!と2発ほどかますまで泣き止むことはありませんでした(^_^;)

助産師さん、保健師さん達いわく、ちっちゃい赤ちゃんにとって、うんPは大事件なのだとか。
たまたまうまく放出できる時もあれば、うんPが出てこようとする腹痛に泣いちゃうこともあるさと。
うん…わかるよ…
かあちゃん、下剤苦手だし…←

完母による頻回授乳により、なにかにつけてはパイくわえさせちゃう私。
とはいえ、本当にお腹すいてるからなのか、眠いのか、うんPなのかくらいは、なんとなーくわかってきたかも。
いや、まだまだですが(^_^;)
ソロモンの指輪とかあったら、なにを訴えてるのかわかるのかなぁ。

母乳のため、食事は母の作る和食に頼ってます。
おかげで今のところオッパイトラブルはないかな。
病院食に慣れて、脂っこい洋食をドカ食いしたい、なんていうような欲望はないし、お菓子も小さいの一個だけとか、果物とかで十分。
でもそろそろ…いろいろ食べたくなってきてる、かも(笑)
いや、健全な?パイのため、ひいては自分のため、もちろん娘のためにも、食生活には気をつけていかねばね!

問題は母が実家に帰ってしまったあと。
一か月検診を終えれば、なんとなく娘とスーパーくらいは行けるよなぁとか思いつつも、娘と二人きりで大丈夫なのだろうかと思ってしまう。
そんな私に母は、一週間分の食事を作りに行くよ、と言ってくれてますが(笑)
すでに赤ちゃんと二人の日々、もしくは第一子、第二子のお子さんと赤ちゃんとの生活を送られてるおかあさん達からしたら、甘ったれもいいとこでしょうね…すみません(^_^;)

コメント