40代育児の強い味方!生協の便利食材で離乳食の悩みを解消!

赤ちゃんを育てていくのに避けて通れない離乳食。
パパママ学級でも離乳食の作り方を教えてくれましたが、習ってみての感想。

すごく面倒くさい・・・。

にんじんやかぼちゃ、何でもかんでもすり潰さなくちゃいけない。
肉とか魚はどうしたらいいの?
“だし”とかも赤ちゃん用の用意しなくちゃいけないの?

育児しながら普通の料理を作るのだって大変なのに、さらに赤ちゃん用のご飯を用意しなければいけない。
レパートリーだってそんなに多くないし、赤ちゃん用となればなおさら。

そんな時、私の強い味方になってくれたのは生協でした!


生協には赤ちゃん用の食材がたくさんそろっている!

離乳食初期は10倍粥ひとさじとか、量も少ないですよね。
製氷皿などを利用して、一食分のお粥を冷凍しておくと良いとか言いますが、

生協にはそのお粥の冷凍ポーションが売られているんです。

レンジでチンしてすぐ食べさせてあげることができて、具材も入っているから栄養的にも安心。

野菜をすりつぶしたペーストも、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、とうもろこし、さつまいも等、種類豊富に取り揃えてあります。

初期の離乳食の魚食材として重宝する”しらす”は、最初から塩抜きしてされているものがあるので、使用する際にお湯をかける必要がなく、ひと手間減ります。

私はこうした生協の離乳食用食材を活用することによって、手軽に赤ちゃんの食事の用意をすることができました。

生協の注文カタログには食べ始めに適した時期まで表示されています!

赤ちゃんは月齢によって食べることができる食材が増えていきますが、これは食べることができるのか?これはどうか?といちいち調べるのは大変ですよね。

生協のベビー用注文カタログには、各商品に”6ヶ月ぐらいから食べられますよ”とか、”1歳から食べられますよ”といった表示がついているんです。
悩むことなく選ぶことができるので便利でした。

逆に「こんな食べ物をもう食べさせてもいいんだ?!」なんて発見もあって、勉強になりました。

赤ちゃんに優しい有機野菜やアレルギー対応食品も豊富!

食材そのものに注意をしているママには、生協の有機食材専門カタログが役に立ちます。
全国各地の選りすぐりの有機食材が紹介されています。

また、アレルギーもちのお子さんにも優しい、アレルゲン除去食も数多く取り揃えてあるので、米粉パンや米粉パスタなど、バラエティに富んだ食事を作ることができます。

私は娘の飲む母乳のため、一時期グルテンフリーな生活をしていました。

赤ちゃんの湿疹、原因はやっぱり母乳?見直すべきママの食事内容を教えます!
ママが食べたものが、母乳に影響することはよく知られていますよね。 有名なところでは、カフェイン、アルコールはダメ、絶対! そもそもなぜダメなんでしょう。 ダメな理由をまとめてみました。 そもそもどうしてダメなのか? 微量で...

その時にも、生協でアレルゲン除去のお菓子を買って食べてました。
とても美味しかったです♪

忙しくて買い物にも行けないママの強い味方!

カタログで選んで注文すれば、重たいものも玄関まで届けてくれる生協。
スーパーになかなか行けない育児中のママにも嬉しいですよね!

切らせたくない食材を、毎週もしくは隔週で届けるように登録することも可能なので、買い忘れの心配もありません。
我が家では野菜ジュースを毎週お届け登録しています。

食材だけでなく、日用品も豊富にそろっていて、もちろんベビー用品を買うこともできます。
おむつやおしり拭き、ウェットティッシュもまとめ買いができます。

もっと言ってしまえば、服や本・CD、雑貨なども買うことができるので、
毎週ホームセンターがカタログで届くような感じです。
カタログを眺めているだけでも楽しいですよ♪

子どもと一緒に行きたいステージのチケットも生協で買えちゃう!

我が家では生協で「おかあさんといっしょ」のステージのチケットを購入しています。
一般で申し込むより当たりやすいかな?と淡い期待を抱いているんですが、実際のところはわかりません。

劇団四季や、シルク・ドゥ・ソレイユのチケットも注文することができるので、いつかこちらも観に行きたいと思っています。

舞台の他、子どもと一緒に遊びに行きたいレジャー施設や遊園地などの割引チケットも販売されています。
上手に利用して、いろんなところへ遊びにいきたいです♪

まとめ

育児中のママの強い味方になってくれる生協!

実は生協にいろいろ運営団体があって、それぞれ得意分野や個性があります。
私の周りのママには2つの生協に入会している人もいました。
入会する前に見比べてみるといいかもしれませんね。

私が入会しているコープデリでは子育て割引もあるので、お得に利用できますよ♪

住んでいる地域によって生協は異なりますので、「地域名+生協」で検索してみてください。
きっと、あなたに合った生協が見つかりますよ!



コメント