母乳をちょっと垂らすだけ!赤ちゃんの鼻づまりに効果大の母乳点鼻

赤ちゃんの鼻と口元の画像

小さい赤ちゃんは鼻呼吸がメイン
だから、鼻が詰まるとすごく機嫌が悪くなって、寝てもすぐ起きちゃったりするんです。

娘がまだ新生児の頃、冷房に負けたのか鼻を詰まらせてしまったことがあって、呼吸が苦しくて寝付けず、泣き止まずに大変なことがありました。
その時は家に泊まりに来ていた私の母が、温めた手で娘の鼻の付け根を温めて、鼻を通りやすくしてあげて、事なきを得ることができました。

が。

母乳育児のママにはもう一つ、強い味方がいるのです。それが、

母乳点鼻!

母乳点鼻とは?

搾りたての新鮮な母乳をスポイトで吸い取り、仰向けに寝かせた赤ちゃんの鼻に垂らしてあげるだけ。
それだけで、詰まった鼻が通るようになるのです。

実際、娘に試したところ、詰まっていた栓がとれたのか、どばぁっと顔の下半分が鼻水まみれになって、スッキリした顔になりました(汗)

鼻に母乳なんか入れて痛くないの?と思われるかもしれませんが、浸透圧の関係で痛くないのだそうです。

母乳には抗炎症作用もある!

母乳には赤ちゃんにママの免疫を渡す橋渡しの役目があることはよく知られていますが、実は、抗炎症作用ももっているのだそうです!
炎症を起こしているであろう鼻の粘膜に働きかけて、鼻の調子を整えてくれる、まさに鼻のお薬的な役割も果たしてくれるのです。
我が家では娘が鼻を垂らした時は、母乳点鼻をした上で、電動鼻水吸い取り機も使っています。
(電動鼻水吸い取り機についてはこちらの記事にまとめています。)
おかげで耳鼻科に行く必要がなくなりましたし、風邪の治りも早い気がします。
ちなみに、母乳は点眼薬としても使えるのだそうです。
まだ試したことはありませんが、母乳どんだけ万能よ、って感じですよね!

コメント