40代母乳育児

40代母乳育児 40代母乳育児

母乳育児は100組の親子がいたら、100通りのやり方があります。
母乳出すぎの過分泌おっぱいとの付き合い方にも人それぞれあります。
CC-Kachanの場合はこうだったよ、という情報共有です。

注目カテゴリー>>
母乳育児中のNG食材

40代母乳育児

キャベツ湿布に対する賛否両論~そもそも母乳の医学的専門家がほとんどいないからこうなる

当ブログのこの記事が、急にアクセス数上がっていたので、どうしたのかと思っていたら、キャベツ湿布論争が起こっているようですね。 たしかに、キャベツ湿布だけで乳腺炎は治りません。 それは、私が書いた記事にも書いています。 ...
40代母乳育児

【2018年版】授乳中でも安心して食べることができるクリスマスケーキ!

「授乳中だけど、クリスマスケーキを食べたいな」 「授乳中だけど、食べることができるクリスマスケーキってあるのかな」 母乳育児中のママって、普段から食事に気を付けているからこそ、 年に一、二度くらい、ケーキも食べたいですよね! ...
40代母乳育児

2才2ヶ月娘がついに断乳!我が授乳人生に一片の悔いなし!

本当は娘が自然に飲まなくなる卒乳を目指していましたが、授乳間隔があまりに空くようになってしまい、私のおっぱいの方が断乳へシフトチェンジしてしまいました(汗) 1日1回飲むか飲まないかじゃ・・・さすがの過分泌おっぱいも疲れてきますて・・...
40代母乳育児

貧乳でも完全母乳!母乳量の決め手は桶谷式乳房マッサージ!

Aカップ、Bカップだけど・・・ 貧乳だけど・・・ ちっぱいだけど・・・ 母乳って出るの!? そう、不安を感じているそこのあなた。 心配はご無用です。 ちっぱいだろうが貧乳だろうがAカップだろうが、 母乳は出ます...
40代母乳育児

キャベツ湿布で乳腺炎回避!おっぱいが熱をもって痛いママをレスキュー!

CC-Kachan こんにちは!キャベツ湿布推奨派のCC-Kachan(しーしーかーちゃん)です。 本当のとこ、キャベツ湿布ってどうなの?と疑問に思われている方は、まずこちらの記事からご覧ください。 ...
40代母乳育児

頻回授乳はいつまで?授乳は2歳以上まで続けるべき?40代育児中の私の母乳ヒストリー!

頻回授乳ってどれくらい? いつまで頻回授乳は続くの? 断乳は?卒乳は? 母乳のことって意外と知られていないんですよね。 私も当事者になってみて、初めて知ったことばかりです。 そして母乳育児って親子の数だけ色があるんですよね...
母乳育児中のNG食材

母乳育児中に牛もつはアリ?なし?ヘルシーおでんで気をつけたい具材とは。

冬は大変お世話になりました、おでん! 一度作れば2、3日は食いつなぐことができるので(笑) 多忙な育児中のママがぜひ取り入れたいメニューです。 また、おでんは母乳育児にも強い味方なんです。 普段は控えなければならない...
母乳育児中のNG食材

カスタードクリームで乳腺炎!授乳中でも美味しいケーキを食べるには?

母乳育児中に控えるべき食べ物として、筆頭にあがる食べ物、それは洋菓子。 母乳育児中のママが我慢しなくてはいけない食品の中で、もっとも辛い食べ物ですよね(涙) 洋菓子でも豆乳クリーム使った美味しいケーキもあるので、授乳中はヘルシー...
母乳育児中のNG食材

母乳に贈答品のハムは危険!乳腺炎にならないために肉には気をつけよう!

お歳暮やお中元でよくいただくハム類。 せっかくいただいたものは美味しく食べたいですよね。 でも、母乳にハムなどの加工肉はNGと言われています。なぜでしょう? 母乳に加工肉NGな理由その1:添加物 加工肉には添加物が入っているため、母乳...
母乳育児中のNG食材

授乳中の餅は食べてもいいの?過分泌おっぱいにとっては危険食材です!

母乳に良いとされているお餅。 でもそれは栄養不足気味だった一昔前のことです。 飽食の時代に生きる現代人の体は、お餅を食べなくても、十分母乳が出る体なのだそうです。 今や、私のような過分泌なおっぱいの持ち主や、まだ分泌量が制御できていな...
母乳育児中のNG食材

授乳中のおっぱいが熱をもって痛い!そのパワーフードが原因かも?

ゴマだれ、美味しいですよね! 焼肉のタレ、サラダのドレッシング、鍋のタレなどなと、なんにでも使えるかなり優秀な調味料で、私も大好物です! でもじつはゴマって、授乳中のママにとっては危険な食べ物なんですよ~。 美味しい母乳のためによく...
母乳育児中のNG食材

水も飲めない?過酷な母乳育児だけど得られるものはプライスレス!

おっぱいの分泌量をコントロールすることは、母乳の質を整えるのと同じくらい大切です。 高カロリーな食品は油分が多く含まれていることもあるので、控えるのはもちろんですが、 水。 ええ、水も控えなければならないんですよ・・・。 「喉が渇い...