2歳半で突発性発疹に!恐れていた”不機嫌”っぷりが意外だった

2月の3連休、毎日遠出に近いお出かけをしていたせいと思っていた娘の発熱、どうやら遅れてやってきた突発性発疹のようです。
連休最後の月曜の夜に発熱、火曜発熱、水曜に解熱、木曜&金曜不機嫌MAX、そして土曜に発疹発見。
こうして振り返ってみると、突発性発疹の症状経過そのものですよね。

実は私、別名”不機嫌病”と言われる突発性発疹をとても怖がっていたんです。
どんだけ不機嫌になるんだろう?
どんだけ手がかかるんだろう?
ネットで検索すると、大変だった!といったママたちの嘆きの声で溢れています。
でも実際に自分の娘がかかってみると、”魔の2歳児”のそれと、何ら変わりありませんでした。

発症1日目:疲労による知恵熱?風邪?熱だけがポンと出た

冒頭にも書いたとおり、3連休は横浜・地元・千葉と毎日お出かけしていました。
とくに横浜へは「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」を観に行ったので、最初に熱に気づいた時はその興奮のせいもあるのかな?と思っていました。

熱は39℃近くの高熱です。
だるくて眠かったらしく、晩御飯を少し食べた後、主人に抱っこされて寝落ちしてしまいました。

ただこの時、鼻水も出てなかったし、咳などの風邪の症状は出ていなかったんですね。
なので、興奮で疲れて熱が出ちゃったかな?と思っていました。

発症2日目:熱だけの症状がかえって心配に

翌日も38℃台の高い熱が出ていました。
しかし、本人は意外と元気で、TVを観たり、おもちゃで遊んだりしています。

ただ、やはりだるかったんでしょうね。
顕著だったのは夜です。
2歳半にもなると体力がついてきて、21時過ぎまで起きていることもありましたが、この時は20時までもちませんでした。

また、食欲もあまりありませんでした。
牛乳などの飲み物を欲しがるので、熱もあることですし、欲しいだけ飲ませていました。

熱はあるけど、相変わらず鼻水・咳といった風邪の症状は出ていません。
逆に何か変な病気なんじゃないかと心配になって、ネット検索魔になっていました(汗)

発症3日目:熱が下がった!

朝起きると、下着がぐっしょり湿っていました。
おでこを触ると熱くありません。
着替えさせて熱を測ると37.2℃まで下がっていました。
高めの体温の子どもであれば、許容範囲ですよね。

大事をとって、この日も家に引きこもって過ごしました。

発症4日目:なんだか朝から不機嫌

あれしたいの、これしたいの!
あれほしいの、これほしいの!と、なんだかうるさいな~と感じたこの日。
熱は36℃台まで下がって、すっかり元気ですが、やけに私に絡んでくるんですね。
家事をやろうとちょっとでも娘から離れると「いっちょにあちょぼー!」攻撃です。
何もできずにげんなり。

幸いなことに、私の実母が来てくれたので、「いっちょにあちょぼー!」攻撃はババに向けられ、私は内心ホッとしてました。

でも食欲不振は相変わらずだし、食べ物欲しがるタイミングはおかしいし、ダメだよ、と諭すと泣いて怒るし・・・
これが”魔の2歳児”か・・・と思っていました。

発症5日目:超絶不機嫌MAX!

も~、朝起きた瞬間、超反抗的です!
まだパジャマも着替えていないし、朝ごはんだって食べていないのに、「(育児支援ルームに)いくー!」とギャン泣き。
何度も根気強く、怒らないように娘を諭すも、いっこうにききません。
これが”魔の2歳児”か・・・ とまたガックリしていました。

発症6日目:お腹にポツポツ赤い発疹発見!

この日、娘はご機嫌さんで朝起きました。
朝の着替えも朝食も、昨日とは打って変わって落ち着いて済ませることができました。

そして夕方。
娘と一緒にお風呂に入っていた主人に呼ばれました。
行ってみると、娘の肌になにやら赤いポツポツが出ているよ、と。
見てみると、数は少ないですが、蚊に刺されたような赤い発疹がお腹にポツポツできていました。

これ、突発性発疹じゃない?!

ここで初めて、ここ2日ばかりの不機嫌は突発性発疹のせいであったことに気が付きました!

突発性発疹の”不機嫌”は魔の2歳児の理不尽と似ていた

恐れていた突発性発疹の”不機嫌”。
熱や痕の残らない発疹は、しっかり対処すれば大丈夫!と思っていましたが、未知の”不機嫌”に必要以上に恐怖を抱いていたようです。

実際に突発性発疹にかかった娘は、自分の思い通りにならないと”泣きオコ”して、なんだか普段より面倒くさいな~ってくらいでした。

0歳、1歳だったら、普段と違った不機嫌っぷりに気がつくかもしれませんが、2歳児が突発性発疹にかかっても、「魔の2歳児に拍車がかかってきたなぁ」としか思わないんですね~。

発疹の出た翌日、発症7日目の朝、発疹が広がっていないか確認しましたが、お風呂で見つけたお腹の発疹以外は見つかりませんでした。
発疹は少なめです。
Wikipediaによると、「欧米人のHHV-6初感染では発熱のみで発疹がみられないことが多いと報告されており」とあるので、娘はそういうタイプなのかもしれませんね。

2度かかることもあるという突発性発疹。
できれば今回で終わりになって欲しいものです(^^;

コメント