2歳9か月娘、トイトレで初めての成功体験!

トイトレを始めたのは2歳になったばかりの夏でした。
その時はトイトレパンツが濡れても、知らん顔でコルクマットに大量の尻スタンプを生産していた娘でした。

間もなく3歳となろうとしている娘。
来年幼稚園入園を控えている以上、この夏を逃すわけにはいきません。
なんとしてもトイトレを完成させたい!
GWが明けて、気候も暖かく、まさにトイトレ日和となり、ついにトイトレを再開することにしました。

【トイトレ再開!】とりあえずトイトレパンツを履かせてみた

トイトレパンツ、いわゆる布製の、2重・3重・6重にも布が重なっているパンツを履かせることにしました。
去年買ったものなので、少々小さめですが、新たに買うのはもったいない。
とにかく「濡れた感覚」を味わってもらおうと、小さめトイトレパンツを履かせることにしました。

「おかあちゃん・・・ぬれた」

なんと、今回は娘から「濡れたよ」という申告がありました!
濡れても知らんぷりで、そのままお座り&お遊び続行=床に尻スタンプ、だったのがウソのよう。
さすがに成長を感じます!

「濡れちゃったねぇ、じゃ、とりかえようね」

トイトレパンツは何枚もあります。
最初は余裕で取り換えてあげました。
が、しかし・・・

「おかあちゃん・・・ぬれた」
「またぬれた」

午前中という短い間に、あっという間に3枚のトイトレパンツが濡れてしまいました。
合間にトイレに連れて行っているにもかかわらずです。

CC-Kachan
CC-Kachan

トイレに連れていっても、なぜか出ないんですよね~
なので、トイレしたわけではないので、まぁ、仕方がないです(涙)

さすがに心が折れ、
「今日はもういっか・・・オムツはこ?」
と、オムツをはかせてしまいました。

【トイトレ再開!】 トイトレパッドを使ってみた

あまりにトイトレパンツを濡らされるので、トイトレパッドを使うことにしました。
こちらも去年のトイトレで購入したものです。
トイトレパンツなどの布パンツに、生理用ナプキンの要領で貼りつけて使うものです。

ただでさえ小さめのトイトレパンツが、トイトレパッドのおかげでさらにモサモサして、今にも脱げそうなんですが、どうせ家に居る間のことです。
娘も特に気にせず、ますます小さく窮屈になったトイトレパンツをおとなしく履いてくれました。

「おかあちゃん、ぬれた」

トイトレパッドも、ちゃんと濡れた感覚がわかるようです。
今回もちゃんと申告してくれました。
事後報告ではありますが。

また、ありがたいことにパッドのおかげで、2回に1回くらいはトイトレパンツが濡れずに済みました。さっとパッドを外して交換するだけで済むので、精神的にかなり楽です。
当面、家にいるあいだはトイトレパンツ+トイトレパッドで過ごすことにしました。

CC-Kachan
CC-Kachan

ちなみにズボンなどは履かせていません。娘にはトイトレパンツ一丁で過ごしてもらってます。でも、足がむきだしで寒そうな時は、レッグウォーマーを履いてもらってます。便利ですよ、レッグウォーマー♪

【トイトレ再開!】 このやり方で合ってるの?と不安になる

とりあえず娘には濡れる感覚を覚えてもらおうと始めましたが、いつまでたっても”事後報告”なので、だんだん不安になってきました。
一応、濡らすたびに「濡れる前に教えてくれたら嬉しいな」など伝えてはいますが、なかなか難しいようです。

CC-Kachan
CC-Kachan

これまでオムツで過ごしてきて、急に尿意を意識するのは難しいんでしょうね。もしかしたら、私が出産時に尿管導入されて、まったく尿意を感じなかった時と同じ状態なのかな?そう想像したら、時間をかけてトイトレしていかなくちゃと思いました(苦笑)

そんな中、娘と遊びに行った育児支援センターで専門の先生とお話する機会がありました。
トイトレで不安に感じていることを相談することにしました。

CC-Kachan
CC-Kachan

トイトレパンツやトイトレパッドを使って、まず濡れた感覚を覚えてもらうようにしてるんですが、いつまたっても事後報告なんです。そのうち事前に教えてくれるようになるものなんでしょうか?

先生
先生

個人差はあるけど、事前に教えてくれるようになりますよ!
大切なのは、娘ちゃんやママが、ストレスないようにトイトレできてるかどうかなんです。

CC-Kachan
CC-Kachan

ストレスはないです!濡らして当たり前だし、トイトレパッド使うと、洗い物も減るし、疲れたらオムツに変えちゃいますし・・・

先生
先生

そのやり方でいいです!
あとは、保育所などでは、なにかやる前、やった後など、ルールとしてみんなでトイレに行くようにしています。なので、おうちでも朝起きたら、ごはん食べたら、出かける前に、帰ってきたら、など、ルールを決めてトイレに行く習慣をつけていくといいですよ。
でも、あんまり厳密にやりすぎちゃうと、また疲れちゃうので、ほどほどで大丈夫ですよ!

CC-Kachan
CC-Kachan

わかりました!
うちに足りなかったのは、トイレの習慣つけですね!やってみます!

個人差があるとわかっていても、不安になるものですよね。
そうした時に相談できる相手(専門家)がいるというのはありがたいことです。
心強い助言をいただいて、トイレの習慣づけにもトライすることにしました。

【トイトレ再開!】 トイレに行こう!

トイレの習慣づけということで、まずは朝起きたらトイレに連れて行き、トイトレパンツに履き替えさせます。
その後は朝ごはん後、少し経ったら声かけ、出かける前に、帰ってきたら、寝る前にと、都度トイレに行くようにしました。

トイレに連れて行っても、基本出ません(涙)
でも先生に、

先生
先生

そんなもんです。
うまくタイミングが合ってトイレで出た!という成功体験ができると、トイトレがぐっと進んだりするんですよ。

と、助言をいただいていたので、焦らない、あせらない・・・。
「出ない?OK!トイレさん、また来るね~」
トイトレでは絶対怒らない、イライラするならその日はサボることにして、娘とトイレの親密度をあげていこうと務めました。

そんなある日・・・

【トイトレ再開!】「おかあちゃん、もれる」

ついに事前報告が娘からありました!
いったいどこで「もれる」なんて言葉を覚えたのでしょう?

CC-Kachan
CC-Kachan

たぶん、Youtubeです(苦笑)

急いでトイレに行きました。
が、出ません。
「出ないねぇ?」
「でない・・・もうおりる」
娘にとっても難しいのでしょう。
でも、「出そう」という感覚はコレなのかな?と、覚えはじめたようです。
これは大きな進歩です!

その後も2、3回”もれるもれる詐欺”がありました。
でもついにその時がきたのです。

「でた!」

しっかりとした量をトイレで出すことについに成功しました!
「やった!すごいよ娘ちゃん!」
娘も嬉しそう&ドヤ顔です♪

しかもその後、また「もれる」と言い出し、連れて行ったところトイレ大にも成功!
これまでかたくなに立ってオムツにしていたうんPも、トイレですることができました!
これには思わず感涙してしまいました///▽///

その後、少し気が抜けたのか、「ぬれた」を繰り返し、昼寝前にオムツに戻った娘でしたが、この成功体験は私にとっても、きっと娘にとっても、大切なものになったと思います。

”トイトレは本人のやる気次第”かもしれない

3歳を目の前にして、イヤイヤ期まっさかりの娘は「おねえちゃんになる」という言葉を意識するようになってきてました。
「おねえちゃんはトイレでするんだよ」
「オムツは赤ちゃんのだよ」
こういう言葉を理解できるようになった今が、娘にとってトイトレのタイミングだったのかなと思います。

CC-Kachan
CC-Kachan

娘ちゃんには1年前はまだ早すぎたんだね(汗)

また、娘より1歳年上の従兄が、寝る時はまだオムツというのをきいて、ほっとしたというのもあります。遠出をして帰りの車で長時間寝ちゃうような時もオムツしちゃうんだそうです。
まだまだオムツの力を借りていいんだなぁと安心しました。

これまでトイトレというと、大変なイメージしかありませんでした。
でも、先生の言うとおり、ママにも娘にとっても、ストレスフリーなトイトレでないと続けられません。
トイレで出たら「やったー!」と喜んで、パンツ濡らしたら「おっ、濡れた?じゃ、取り換えよう!次、事前にわかったら教えてね」と笑顔で言えるくらいの余裕をもってやりたいです。
イライラしちゃうようなら、オムツの力もばんばん借ります♪

おねえさんパンツでお出かけできるようになる日はいつ来るかな~?
楽しみです!

コメント