妊娠5ヶ月で腹帯デビュー!ベストはサイズ自由自在のさらしタイプ!

妊娠5ヶ月に入ると、戌の日に安産祈願をして腹帯を巻くという習慣が日本にはあります。
私も妊娠5ヶ月で神社に安産祈祷をしていただき、一緒にお祓いを受けたさらしの腹帯をつけ始めました。
つけた当時の感想は、

「これ、意味あるの?」

でした。

いや、だって、妊娠5ヶ月ってそんなお腹大きくなかったですもん。
10mもあるさらしでぐるぐる巻きになって、がさがさかさばるだけでした。

実際、初めてさらしの腹帯をしめた時の感想日記はこちらです。

さらしの腹帯
5か月に入ったので、さらしの腹帯つけ始めましたが… まだお腹小さいから、ずり上がっちゃう! これで巻き方合ってるのかな〜 いや、ズレてるんだろうな〜…とか、つい気になってしまう(´・_・`) まあ、お腹冷えずらくなるし、なん...

でも、だんだんお腹が大きくなっていくにつれ、さらしタイプの腹帯がいかに優れものか、実感するようになっていきました。
先輩ママが、

「さらし巻いてればお腹大きくても走れる!」

と言っていたのがわかるようになりました。
それくらい、さらしの腹帯は安定感が他のタイプのものと違うんです!

どんな腹帯をしようか迷っている人。
そもそも腹帯をしようか迷っている人。
そんなあなたに向けて、この記事では声を大にして言います。

ベスト腹帯はサイズ自由自在のさらしタイプですよ!

そもそもなんで腹帯ってするの?

「腹帯してるのなんて、日本人だけだよ」

なるほど、そうかもしれませんね。
でも、あなたは日本人でしょ?
骨格も日本人体型でしょ?
なんでDNAレベルで異なる外国人にわざわざ合わせようとするんですかね?

日本人は腹帯をした方がいいから、腹帯という文化が残っているんです。

ちなみに医者であっても、腹帯をした方が良いとは断言しません。
だってそんな検証だれもしていないから。
医学的に検証されていないだけで、腹帯はしない方がいいと決めつける方が危険だと思いませんか?

私の体験からお話しさせていただきますと、妊娠5ヶ月のころから胎動を感じられるようになります。

私が初めて感じた胎動の感想日記はこちら。

胎動?
昨日から、子宮のあたりで、 ぐりゅぐりゅん うにゅりゅん 違和感が。 胃腸の動きかなー?とか思ってたけど、いや、これ、チガウっぽい。 胎内の我が子がご機嫌で動きまくってるんじゃなかろうか?! 皆さんの体験談う...

ぐりゅぐりゅん
うにゅりゅん

違和感が。

なんてのんきなこと書いてますが、お腹の中に別の生物がいるって、すごい感覚ですよ!
あー、動いてるー、あー、暴れてるー、あー、痛ってぇ!!
てな感じで、胎動はどんどん強く、激しくなっていくんです。
正直なところ、腹帯なしでは動けませんでした。
お腹がまったく別の生物になった感覚で、腹帯で自分の体にぎゅっとくっつけておかないと不安に感じるんです。
私が腹帯とるのは寝る時だけでした。

まぁ、腹帯なしで慣れてしまった人はそれでいいかもしれません。
でも、腹帯があった方が安心感、安定感が違いますよ!

ベルトタイプの腹帯じゃダメ?さらしタイプのメリットとは?

私が推奨するのはさらしタイプですが、ベルトタイプの腹帯も持っていましたし、使っていました。
妊婦健診の時は、さらしタイプ巻いていけませんからね。
なので、ベルトタイプの腹帯も持っていた方がいいです。

このフワフワパイルの腹帯は着け心地よかったですよ♪

犬印本舗 マタニティ ふわふわ パイル 妊婦帯+補助ベルト セット(コルセットタイプ)ボーダー ピンク Lサイズ《腹帯/はらまき/マタニティインナー/肌に優しい/肌ざわり/肌触りいい/綿/出産準備/出産祝い/サイズ調節/妊娠初期/妊娠後期/保温/保護/就寝/吸水性/汗かき/L》

created by Rinker
¥2,808 (2018/12/12 11:26:50時点 楽天市場調べ-詳細)

ただ、普段は常にさらしタイプでした。
なぜか?
日に日に大きくなっていくお腹のサイズに合わせて調節ができるのがさらしタイプだったからです。

ベルトタイプも、マジックテープでサイズ調節が可能ですが、あくまで腹囲の話ですよね。
さらしタイプだと、縦のサイズにも対応できるんです。
どこまで腹帯でお腹を支えたいのかが細かく調節できるといった方がわかりやすいでしょうか。

ベルトタイプだと、下から持ち上げて支えるタイプがほとんどです。
さらしの腹帯は腰から放射線状にせりだしているお腹を、その腰にギュッと固定させるようなイメージです。
安定感が全く違います。

実際に大きなお腹になってから巻くと、「さらし巻いてればお腹大きくても走れる!」と先輩ママが言っていたのが実感としてわきました。

さらしタイプは自分が心地よいように巻くことができる、オーダーメイドの腹帯なんです。

CC-Kachan
CC-Kachan

ちなみに「トコちゃんベルト」も気になって購入しましたが、装着方法が意外と面倒でした。私はさらしをくるくる巻くだけの腹帯が性に合ってたようです。

さらしタイプのデメリットとは?

「さらしタイプなんて面倒」「巻き方よくわからない」「なんか暑そう」

さらしタイプの腹帯の話をすると、こんな言葉が返ってくることが多いです。
実は私も面倒くささと、巻き方が難しいんじゃないかと不安に思っていました。
10mの布を毎日巻いたり外したりって面倒以外の何物でもないですよね。

でもこれが慣れてくると2、3分くらいでさっさと巻けちゃうものなんですよ。
私は毎朝、着替えの時に、パンツずり下げて、お腹に妊娠線予防クリームを塗ってから巻くようにしていました。

CC-Kachan
CC-Kachan

そのおかげか、私は妊娠線できませんでした♪

暑さに関しては、ベルト式の腹帯と大して変わらない気がします。
さらしの腹帯は吸汗性も良いので、「暑くて汗かいて気持ち悪い」なんてことはなかったです。
毎日洗い立てのさらしをキュッと巻いて、むしろ気が引き締まって気持ちよくなりました。

巻き方についてはyoutubeなどでも紹介されていますし、産婦人科の助産師さん、行政の保健師さんがもしかしたら教えてくれるかもしれません。
私は安産祈祷をしてもらった神社で、女性神主さんに教えていただきました。

さらしの巻き方 岩田帯(初期~中期) 犬印本舗
CC-Kachan
CC-Kachan

腹帯を巻いたらトイレはどうするの?と心配になりましたが、実際はパンツの下に腹帯を巻くので、大丈夫です☆

妊婦さんがつけていて心地の良い腹帯がイチバン!

私がオススメするのはさらしタイプの腹帯ですが、ベルトタイプの腹帯も便利なので両方用意しておいて、臨機応変に巻けば良いと思います。

また、腹帯の効能として「腹帯をしていると必要以上に赤ちゃんが大きくならずに済む」ということも言われていますが、本当かよくわかりません。
ですが、

  • 冷え予防(夏だってエアコン注意)
  • 腰痛予防
  • お腹への衝撃予防(小さい兄弟がいたらなおさら)

という効能は確かにあります。
腰痛はもちろん、冷えもお腹への衝撃もお腹の赤ちゃんに良いわけがありませんから、しっかりと腹帯をしめて予防しておきましょう。

特に腹帯はお腹が大きくなった妊娠後期にその力を発揮します。

妊娠5ヶ月の腹帯をし始めの頃は、腹帯の効果をあまり実感できないと思います。
でも、お腹が大きくなっていくにつれ、腹帯サイコー!って感じるようになりますよ!
腹帯を巻いて、ぜひ快適なマタニティライフをお過ごしください♪

コメント