赤ちゃんの鼻水ケア!口で吸うタイプと携帯タイプと据え置きタイプを比較してみた!

まだ自分で鼻をかむことができない赤ちゃん。
鼻がたれるたびに、ティッシュなどでふいてあげるけど、ふきすぎて鼻の下が赤くなっちゃったり、痛くなってきて赤ちゃんが嫌がったり・・・。
赤ちゃんの鼻水ケアはママにとって悩みの種ですよね。

鼻水を吸い取ってスッキリさせてあげたい!

そんなママの要望にこたえた鼻水吸い取り道具がいろいろあって迷ってしまいますが、
我が家では吸引力の強い据え置きタイプの電動吸引機を使っています。

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/15 20:16:44時点 Amazon調べ-詳細)

でも電動吸引機はちょっとお高い・・・はじめは私も安価な鼻すい器を使ってました。

耳鼻科の先生が考案した口で吸うタイプの鼻すい器「ママ鼻水トッテ」

娘が1歳4か月の風邪っぴきの時、この「ママ鼻水トッテ」を購入しました。
どの商品が良いか迷っていましたが、安価で義妹も使ってたというので購入。

使い方は子どもの鼻に器具を突っ込んで、その器具の反対側からストローを吸うように鼻水を吸い取るという、簡単なものです。

確かに鼻水がとれました!

でも、この商品にはいくつか欠点があったのです。

ママに風邪がうつる

これが最大の欠点です。

私は初めて使ったその初回から喉が痛くなってしまいました。
使用後、しっかりうがいをしたにも関わらず、です。

元々喉があまり丈夫ではなく、風邪も喉からひくことが多い私には向いていなかったのでしょう。

ママの肺活量がかなり要る

肺活量には自信がある私ですが、使用後は頭がクラクラしました。
でもこれは私の吸い方が悪かったかも。

こまかく「ちゅっ、ちゅっ」という感じで吸えば、上記のような酸欠状態にはならないです。

とはいえ、掃除機のような吸い込み力を、ママの呼吸でまかなうのですから、肺活量はかなり必要であることに違いはありません。

子どもが嫌がって暴れる

わけのわからない器具を鼻にさしこまれ、目の前のママは鬼の形相で肺活量勝負してるわけですから、子どもが不安にならないわけもなく(笑)

また、一吸いあたり鼻水がどれだけとれるかも肺活量次第なので、うまく吸うことができずに時間がかかってしまうこともあります。

ただでさえ具合が悪いところに、鼻に器具つっこまれたまま、長い時間押さえつけられるわけですから、子どももそりゃ嫌がります。

私には合わなかったけど「ママ鼻水トッテ」は人気商品!

つい、欠点をあげつらねてしまいましたが、この商品で充分☆というママさんも大勢います。
私も「風邪がうつった」ということさえなければ、この商品を愛用し続けていたと思います。

  • ぱっと取り出して、さっと使える手軽さ!
  • お手入れも簡単!
  • 収納場所もとらない!

また、ママの呼吸次第で吸引力を調節できるので、小さい赤ちゃんに使うには安心ですよね。

でも、風邪がうつってしまった私は、電動鼻水吸い取り機を導入することを決めました。
調べてみると、電動鼻水吸い取り機にも種類がいろいろあるんですね。
持ち運びできるコンパクトなもの、吸引力が強い据え置きタイプものなどです。

持ち運びできるコンパクトな電動鼻水吸引機「ベビースマイル」

196gと軽量で、電池式の手軽なハンディタイプ。いつでもどこでも赤ちゃんの鼻水をサッと吸引できます。
引用:ベビースマイルショップ楽天市場店

”いつでもどこでも”というのが重要ポイント!
気づいた時に、さっと取り出して鼻水を吸ってあげられたら便利ですよねぇ。

私もかなり迷いました。

なぜ迷ったのかというと、吸引力です。
電池式なこともあってか、据え置きタイプのものと比べると吸引力が落ちるんです。

せっかく買った鼻水吸引機で満足のいく効果が得られなかったらと考えると不安でした。
一度「ママ鼻水トッテ」で失敗しているのでなおさらです。

結局私が購入したのは、同メーカーで据え置きタイプのこちらの商品でした。

耳鼻科レベルのパワフルな吸引力!「メルシーポット」

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/15 20:16:44時点 Amazon調べ-詳細)

私は吸引力を重視し、据え置きタイプのメルシーポットS-503を購入しました!

  • ママに風邪がうつらない!
  • 吸引力が強くネバネバした鼻水もよくとれる!
  • 娘もスッキリするらしく、鼻水吸い取りを嫌がることがなくなった!
  • 風邪の治りがなんとなく早いような気がする!
  • 風邪の初期症状のうちに直すことができる!
  • 中耳炎など、鼻水を悪化させてかかる病気を予防できる!

実はこのメルシーポット、大人も使えるそうで、風邪に限らず花粉症にも使えそうです。
また、電動鼻水吸引機を買って、耳鼻科に行く回数が減った!と言うママいます。

うちの娘は家庭保育中なので、風邪を引いて鼻水を垂らす回数はさほど多くないのですが、幼稚園、小学校へあがれば風邪をもらってくることもあるでしょう。
でもこのメルシーポットがあれば、風邪の引きはじめのうちに対処することができます。
そのうち娘が自分で鼻水を吸い取るようになるかもしれません☆

「メルシーポット」はちょっとお高いけれど、育児にはマストバイ!

据え置きタイプの鼻水吸引機「メルシーポット」は他の商品に比べると高価です。
高価だからこそ、私も購入するまでかなり悩みました。
でもその値段の価値は十分にあります。

出産祝いであげてもいいくらいの必需品だと思うのですが、子どもが具合悪くなる前提のプレゼントは縁起が悪いかなと思って、まだ贈ったことはありません(苦笑)

鼻水ズルズルしている我が子をみているのは辛いですよね。
拭いても拭いても出てくるし、スッキリさせてあげられなくて軽くストレスです。
鼻水に粘り気が出てくると、口吸いタイプでは取り切れないこともあります。
鼻水が喉に流れると、痰がからんでせき込むようになって、風邪の悪化へとつながってしまいます。

そこで、電動鼻水吸引機「メルシーポット」です!

ずずずーっ!と鼻奥の鼻水までスッキリとれる爽快感!
子どもはもちろん、ママもスッキリしますよ!

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/15 20:16:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント