デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

【元コスプレイヤーが語る!】イベントに遭遇した場合の対処法~一般人向け

creisi / Pixabay

コスプレというと、以前はビッグサイトなどのイベント会場で、同人誌即売会のオマケみたいなスペースで楽しむのが普通でした。

今ではコスプレだけのイベントが増え、遊園地やテーマパークなどの特別な施設での撮影会なども開催されています。

また、桜の季節や紅葉の季節に合わせて、普通の公園でコスプレイベントが開催されることもあります。

そうなってくると、コスプレに縁のない、いわゆる一般人がコスプレイヤーに遭遇するということが起こってくるわけです。

私自身、遊園地でコスプレしていたら、普通の子どもに寄ってこられて懐かれたことがあります。
幸い親御さんが優しくて、「綺麗だねぇ」って褒めたりしていただけたので、お互いイヤな思いはせずにすみましたが・・・

もし、あなたがうっかりコスプレイベント開催中の現場に足を踏み入れてしまって、コスプレイヤーと遭遇してしまったらどうしますか?

一般人に対するコスプレイヤーの本音とは。

「お見苦しいものをお見せしてしまって、大変申し訳ありません!」

実は、こんな風に思っているコスプレイヤーが多いです。

だって、桜や紅葉を楽しみに来てる一般人の視界に、色彩の暴力のようなコスプレイヤーが紛れ込んでしまうわけです。

「ごめんなさい、ごめんなさい・・・でも、私たちも桜を背景に撮影したいんですぅ~」

そんな風に思いつつ、私たちのことはいないものを思って桜をご堪能ください、とも思っています。

かなりワガママですよね。ごめんなさい。

また、コスプレイヤーってその作品やキャラクターが大好きでやってますから、撮影していくうちにテンションが上がってきちゃうこともよくあります。
そうしてトラブルになって、出禁になった施設もあるようです。
本当にごめんなさい。

こんな風に、少なくとも私や、私の周りのコスプレイヤーは、一般人の方に対して「ごめんなさいね」って気持ちでやっています。
相手が子ども連れだったりしたら、もうその辺に身を隠そうとオロオロするほどです。

「ママぁ~、あの人たち、なあに?」

無垢な子どもの質問に、答えに窮する親の姿なんて、申し訳なさしかありませんから(涙)

これはあくまで私と私の仲間たちの気持ちなので、そうではないコスプレイヤーもいると思います。
「イベントで許可されてるんだから」と、堂々としてるレイヤーもいると思います。そこは価値観の違いなので・・・すみません。

もし、コスプレイヤーと遭遇してしまったら?

おそらくコスプレイヤーは多少なりとも「恥ずかしい///」と思っていると思います。
「見ないでください、できればスルーで」と思っていると思います。

なので、見ないであげてください。

存在を無かったことにしてあげてください。

無理なことと承知しておりますが、それがコスプレイヤーの本音です。

たまに、「すごいねぇ、綺麗だねぇ、自分で作ったのぉ?」と興味津々といった面持ちで声をかけてくるおばさまとかもいらっしゃるんですが、コスプレイヤーとしては対応に困ってしまいます。

「好意をもって声をかけてくれてるのかな?」と嬉しく思う一方で、「あきれてるよね、ごめんなさい・・・」と申し訳ない気持ちもこみ上げてきてしまうからです。

でももし、あなたの知っている作品のキャラクターで、本当にいいなと思うのであれば、

「○○の××ってキャラクターですよね?すごいですね!」

と、同じ作品を好きな同志であることを明言して声をかけてあげてください。
声をかけられたコスプレイヤーはきっと、ものすごく嬉しそうな顔になって、ものすごく良い反応を返してくれるはずです。

ヲタクは基本的に同志にとても優しいです。
よほど撮影に集中しているとか出ない限り、好意的に接してくれるはずです。
また、同志であれば、写真を撮らせてくれたり、一緒に写真を撮ることをOKしてくれるかもしれません。

でも、勝手に写真を撮るなど、絶対にしてはいけないNG行動もあります。
これは逆に一般人であるあなたが、ひどい中傷を受ける場合があるので要注意です。

絶対やっちゃいけないNG行動:盗撮

あえて、大げさに書きました。
盗撮、つまり、コスプレイヤーに無断で勝手に写真を撮ることです。

例えばあなたが友人と旅行先で記念撮影していたとします。
それをまったく知らない人が勝手にあなたにスマホカメラを向けていたら怖くないですか?
「え、ちょっと待って、その写真、なんで撮ったの、何に使うの」
ってなりませんか?
コスプレイヤーも同じです。

「こいつ、盗撮してきた、要注意」と、逆にあなたが盗撮犯として、SNSで拡散される危険もあります。
コスプレイヤーは盗撮にかなり警戒していますので、うかつにカメラを向けないようにしましょう。

どうしても撮りたい場合は、明確な理由があれば、撮らせてくれる場合もあります。
同じ作品やキャラクターが好きな同志である、というのが一番わかりやすい理由ですね。
ただ綺麗だから、可愛いから撮りたい、と理由ですと、断られる可能性が高いです。

コスプレイヤーを撮りたい人は、コスプレイベントにカメラマンとして参加したら撮ることができます。
ちゃんとお金を払って、受け取ったカメラマン参加証を首からさげるのです。
それでも「知らないカメラマンはイヤ」というコスプレイヤーもいます。
私は”同志”でないと撮影は許可しませんでした。

やっちゃいけないNG行動:声がけ

何度も書いているように、コスプレイヤーは基本、一般人と接したくないと思っています。
無理とわかっていても、「いなかったことにしてください」と思っています。
なので、極力は声はかけないでください。
存在を無視してあげてください。

「褒めてるんだからいいじゃないか」と思われるかもしれません。
でも、コスプレイヤーは一般人の言葉をそのまま受け止める人はいません。

「物珍しいから声かけてきただけ」
「近くでみたくて声をかけてきただけ」

動物園で動物に声をかけているのと同じレベルだと思ってしまうんです。

「そのコスプレって、○○って作品の××ってキャラクターですよね」という声がけなら大歓迎です。
ちゃんと自分のことをわかってくれる人なんだと思えば、檻の中の動物も心を開きます(涙)
それくらい、一般人にまざって撮影しているコスプレイヤーって繊細な気持ちでやってるんですよ。

まぁ、「おー、やってるやってる」「すごいなぁ」「なんのキャラだろう?」と、遠くから声がきこえてくるくらいは、コスプレイヤーもスルーしますんで大丈夫です。
ただ、物珍しさから直接声をかけちゃうというのは、NG行動とさせてください。

あんまりやってほしくないNG行動:口をぽかんと開けて凝視

いや~・・・たまにいるんですよ。
早く通りすぎてくれよ、そんな見ないでくれよと言いたくなるような、お口ポカンで立ち止まって凝視してくる一般の方。
声をかけてくるわけでもなく、写真を撮るわけでもないので、こちらもなんとも対処しがたいんですね。

驚いてしまうのは仕方がないことです。
でも、オバケでも見たと思って早急に立ち去ることをオススメします(涙)

公園などでコスプレイヤーを見かけたら、イベント参加費を支払って参加している可能性が高いので、「なんでこんなところにコスプレイヤーなんかいるんだ」と文句を言うと、企業や行政を巻き込んだ問題になる危険性もあります。
やはり、なんだかよくわからないものには近寄らない、という感じでスルーするのが最善です。
もし、見かけたコスプレイヤーが常識を逸脱した迷惑行為をしていた場合は、イベント主催企業や施設の管理事務所などに報告して大丈夫です。イベント主催者についてはコスプレイヤーが持っている参加証に書いてあります。実際そうして出禁になった施設はいくつもあるので・・・嘆かわしいことです。

コスプレイヤーと一般人が仲良く共存するために

なんだか一方的にコスプレイヤー側からの要求を羅列してしまいました。すみません。
本当は一般人が入ってこないようにしてイベントを開催すべきなんでしょうね。
桜や紅葉が綺麗な広い公園が会場ですと、それもなかなか難しいです。

一方、施設側はコスプレイベントを誘致することによって、コスプレイヤーやカメラマンというお客を呼ぶことができます。
一般人とも仲良くお願いしますね、という心境だと思います。

私は地域の行政ぐるみで行われたコスプレイベントに参加したことがあります。
地域全体でコスプレイベントを盛り上げよう、成功させようと尽力されていました。
あきらかにコスプレに不慣れなスタッフさんが、コスプレイヤーを会場から会場へ車で送迎までしてくださってました。
そうしてまでもコスプレイベントを開催したいという気持ちの元には、その地域を活性化させたい、知名度を上げたいといった郷土愛があったんだと思います。

賛否両論あったと思いますが、私はそのイベントは大成功だったと思います。
その場所に行ったことがなかったコスプレイヤーやカメラマンが「いい町だね、いいイベントだったね」と喜んでいたからです。
コスプレイヤーを受け入れてくれた一般の方には感謝しかありません。

コスプレイヤーが一般人を嫌うことはありません。
コスプレイヤーが一般人に冷たい態度をとってしまうのは、一線を引いて関わらないことが、一般人にとって最良だと考えているからです。

それでも関わりをもたざるを得ない場合は、先に述べたNG行動を頭のすみに置きつつ、普通に接してください。
コスプレイヤーも日本人ですから、話は通じます(笑)

スポンサーリンク
コスプレ話
スポンサーリンク
Z-Kachanをフォローする
稼ぐ!育てる!在宅ワークかあちゃん奮闘記

コメント