楽天ROOMやってます★フォローお願いします!

保護した猫を初めて飼う!飼育半年でゲットした猫グッズ【初心者】

はじめまして、こんにちは!
私の名前はプリン!食べ物じゃなくて猫なのよ!
4歳のおねえちゃんに名前を付けてもらったの。

拾われた時はこんなに小さかったのよ。

保護した当時の保護猫プリン

それが今じゃこんなに大きくなりました!どん!

2021年2月20日の保護猫プリン

この貫禄!素敵でしょ!

ここまで大きくなれたのは、拾ってくれたおかあちゃんと、おとうちゃんと、おねえちゃんのおかげ。
みんなことが大好きだから、自慢の猫舌でグルーミングしちゃうんだから!ザーリザーリ・・・

猫のグルーミングは地味に痛い。

改めまして、こんにちは!
保護猫プリンの飼い主です。

買い物に出かけただけのはずが、猫を保護してしまい、唐突に猫飼いにジョブチェンジした我が家ですが、実はもともと猫好き家族です。
こんなペンションにお泊りしに行ったりだとか↓↓↓

超穴場的猫カフェに行ってみたりだとか↓↓↓

住んでいるマンションもペット可なので、いつか猫飼うだろうな~とぼんやり思ってはいました。

しかし、その時は突然やってきたのです。

「子猫保護しちゃったどうしようー?!」涙目のコールに夫は

保護猫プリン
保護猫プリン

私が拾われたのはとある学習塾の入り口でした。入り口は閉まっていて、どんなに鳴いても誰も来てくれませんでした・・・

そこへ偶然通りかかったのが、ドラッグストアへ買い物へ行く途中のかあちゃんでした。

最初は通りすぎちゃいそうになったんです。
空耳かと思って。
でもふと見たらそこにいたんですよね。

ぷるっぷる震えながら、ありったけの声で鳴く子猫が!

当時は9月末。
秋の気配も濃くなりつつあって、晴れてはいても、少し肌寒いなって日でした。

(あ、これ、放置したらヤバイやつだ。)

保護しなければならないやつだと、すぐわかりました。
でも、少しためらいがあったため、怯えた子猫は物陰に隠れてしまいました。
手の届かないところへ行ってしまって、こちらもパニックです。

どうしたらいいの?!と、今起きている状況をとりあえず夫に伝えようと電話しました。

「どうしよう、猫、拾っちゃった!(震え声)」

しかし、電話向こうから返ってきた夫の返事は、

「へ?」

怒!!(# ゚Д゚)

ええい、頼りにならん!と即切り、ちょうど通りかかった親切なお姉さん(美人♥)が、つかまえるのを手伝ってくれて、無事保護。
一緒に近所の動物病院へ行くことになりました。

動物病院に入院・・・餌も食べられないほど衰弱していた

保護猫プリン
保護猫プリン

獣医さんに調べてもらったら、ノミ・ダニがほとんどいなかったんだって。でもそれには悲しい理由があったの・・・

保護したばかりのプリンは、ガリガリにやせ細っていて、後ろ足でまともに立つことすらできませんでした。
レントゲンをとって調べてみましたが、特に異常は見当たらず、痩せて筋肉も萎えてしまって、歩くこともできないのだろうというのが獣医さんの見立てでした。

「だってこの子、ノミ・ダニがほとんどいないんだよ。ノミ・ダニが逃げ出すほど衰弱しているってことなんだ」

衝撃的でした。
ノミ・ダニが逃げ出すほどの衰弱って。

でもそれは事実で、なんとか連れて帰ったものの、翌日には餌をほとんど食べられない状況に陥っていました。
あわてて再び動物病院に連れて行き、子猫は入院となりました。

子猫一匹でいたところから、捨てられたというのではなく、親猫をはぐれてしまった様子でした。でも、この衰弱っぷりからすると、親と一緒にいる時から、ご飯が食べられていない状況だったようです。この子猫には野良で生きて行くほどの生命力がなかったのかもしれません・・・

退院後の子猫は劇的に回復したものの里親探しは難航

子猫は二日入院して、無事退院することになりました。
まだこの頃は、我が家で飼う覚悟ができておらず、友人に「猫をひきとらないか?」と連絡をしている状況でした。

いつか猫を飼うだろうと思うほどに、猫好きではありましたが、娘がまだ4歳ということもあって躊躇していたんです。

でも、後ろ足に障碍があるかもしれない子猫を、飼うよ!と言ってくれる人はおらず・・・結局、子猫のリハビリを覚悟した上で、我が家で引き取ることになりました。

保護猫プリンの誕生です!

二泊三日の入院は、もろもろ検査代も含めて3万円ほどでしたが、獣医さんのご厚意により1万円割り引いてくださった上、一緒に保護してくれたお姉さん(美人♥)が折半で費用を負担してくださいました!感謝、感謝です!

その後はイエネコとなるべく、ノミダニ駆除や二度のワクチン接種などを行いました。
保険適用外なので、毎回お支払いにひやひやです(汗)

それでも、エサやペットシーツ、猫トイレなどの支援物資が友人たちから届けられ、なんとか猫飼いらしい感じに整ってきました!

これもたまたまなんですが、私の周り、猫飼いさんばかりなんです。なので「こういう時はどうしたら?」「これでいいの?」とLINE送りまくって相談にのってもらってました。も~、素敵友人たちにも感謝、感謝です!

拾ってから半年、我が家はすっかり猫飼いの家に

はい!えらい前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

保護猫プリンと暮らすにあたり、いろんな猫グッズが我が家にやってきました。どの猫グッズも調べに調べた上で購入したので後悔はありません!
というわけで、初めての猫飼いがゲットしてきた猫グッズの数々をご紹介します♪

猫ケージ(100均手作り)

猫ケージは手づくりしました!(夫が!)
材料はすべて100均(キャンドゥとダイソー)です。

100均猫ケージ
右上に写っているのは娘の手です。心霊写真ではありません(笑)

猫ケージ、即買いするには金欠気味の我が家にはちと荷が重く、できるだけ安くおさえたかったんです。
置けるサイズも限界があったので、汎用性の効く手づくりでがんばりました!(夫が!)
ちなみに壁側にネットはないので、ここから動かせません~www

猫トイレ

なにしろプリンを拾った時、我が家は金欠に陥っていたため(汗)
猫飼いの友人たちに「タスケテー!」と猫グッズをおねだりしちゃいました。

丁度、私の誕生日(10月15日)が迫っていたので、「プレゼントにくれー!」とおねだりしたのです///

そしていただいたのがコレ。

LION(ライオン)の「獣医師が開発した ニオイをとる砂専用猫トイレ」です!

狭いマンション飼育になってしまうので、臭い問題は切実です。
「獣医師が開発した」という権威性に惹かれ(笑)プレゼントしていただくことにしました。

もちろん、我が家で使っているのは「ニオイをとる砂」シリーズです。
こちらのスターターセットは猫砂とセットになっているので、初めて買う猫飼いさんにとって安心ですね♪

猫ベッド

こちらも友人におねだりして贈っていただいたものです///

9月頭に拾ったものですから、これから寒くなる時期に必要と思ったのです。
プリンはなぜかドーム型のハウスの上によく乗っています。

ピュアクリスタルコパン

プリンがあまり水を飲んでいる様子がなく、ウンチも固い感じがしたので購入。


無事、流れる水に反応して、ペロペロ飲んでくれました!

カリカリマシーンECO

12月に一晩外泊する予定があったため購入しました。
あとは朝、「ごはーん!ごはーん!」と鳴くのを防止する狙いもありましたw

飼い主の声を録音して、猫を呼ぶこともできます。
細かく設定ができるので、食べっぷりを見ながら量調節も可能。
かなり重宝してます☆

キャットタワー

キャットタワーは掃除のしやすさと、コンパクトだけど高さがあるものをセレクトしました。

カインズホーム キャットインテリアタワー 3カップ

最初は楽天で調べていたのだけど、猫飼いのプロの友人がおすすめしてくれた、カインズホームのキャットインテリアタワーを購入。
毛足が短いので掃除がしやすく、インテリアとしても良い色だったので決めました!
柱の部分が爪とぎになっているので、別で購入した爪とぎはいらなかったかな。
でも、爪とぎは爪とぎで遊んでいるのでヨシとします♪

窓ハンモック

リビングでプリン専用の場所を作ってあげたいと思い、こちらを購入しました。

K&H Window Bed NEWタイプ、です!
こうして窓に吸盤でくっつけるタイプです。
落下しないか心配でしたが、改良された吸盤でしっかりはりついてくれています。結露しても大丈夫みたい。

すっかりプリンのお気に入りの場所です☆

のぼれんニャン

安全上、どうしても入って欲しくない場所というのはあるもの。
我が家の場合はキッチンでした。
隣接しているダイニングテーブル(に乗ることも禁止してはいる)から、キッチンにひょいっと侵入されてしまうのが地味にストレスでした。
100均のネットで柵を自作するも限界・・・
これを買うしかない!と買ったのがこちらの商品「猫用 ペット ゲート のぼれんニャン」です。

ちなみに、のぼれんニャンの隣に写っている格子ネットは100均のもので、キッチン全体を覆ってる感じになっています。
プリンはこの100均ネットをがつがつ登ってくるので油断できませんが、キッチンには絶対に入ってこれないので、運動くらいまぁいいかと見逃しています(汗)

ブラシ

最初、カインズホームでみかけた手袋式のブラシを購入したのですが、プリンの不評を買い、ほとんど使っていませんでした。

カインズホームでゲットしたグルーミンググローブ
これはプリンに不評(汗)
さらに言うと、グローブについた毛の取り方がわからない(汗)

短毛種だし、自分でグルーミングしていつも綺麗だし、ブラシいらないかな?と思ったんですけど、猫飼いのプロに言わせると、「それでもホコリとかつくからあった方がいい」とのことだったので、100均で改めて購入しました。

100均でゲットしたグルーミングブラシ
後ろにボタンがついていて、それを押すとはさまった毛が持ち上がって取りやすくなるのでGOOD!
プリンはまぁまぁブラッシングさせてくれます。

ファーミネーターといった「ごっそり」取れるといった高級品が気になっていたんですけど、ブラッシングさせてもらえなかった意味ないですしね(汗)

こちらが高級ブラシ、ファーミネーター!↓↓↓

ドライフード・ウェットフード・ちゅ~る

始めて猫を飼う時は、いったいどんな餌をあげればよいのかもわからないんですよね。

私は獣医さんにきいたり、猫飼いのプロにたずねて、まずはカルカンパウチをあげることにしました。

これは生後半年以上たった今でも、プリンが大好きなウェットフードです。
普段はドライフード(いわゆるカリカリ)をあげてます。
ドライフードはまだ「これぞ!」というものは見つかっていないです。いろんなドライフードを試しています。

ちゅ~るはプリンも大好きです!
ちゅ~る嫌いな猫なんていないんじゃないでしょうか。
何かご褒美や、お客さんがきた時に慣らすための小道具に使っています。

どのちゅ~るも美味しいんだと思いますが、飽きさせないためにも、アソートで色んな種類を注文できるこちらが便利です♪↓↓↓

空気清浄機

猫ケージやトイレ、キャットタワーなど、猫グッズに占拠された夫の部屋に、「空気清浄機置きたい」と言われて購入しました。
アイリスオーヤマ/空気清浄機 10畳/IAP-A25-Wです。

アイリスオーヤマ/空気清浄機 10畳/IAP-A25-W

コンパクトなのがお気に入り!
消臭もされているようで、臭いとか気になりません。
猫トイレの粉塵とかも気になっていたので、空気清浄機、猫部屋には必須でした!

キャリーバッグ

これは絶対必要です。
でも、これも意外と結構お値段はるんですよ~。
たまたま夫の実家で昔飼っていた犬用キャリーバッグがまだとってあったので、それを譲り受けました。
少し大きいですが、獣医さんに連れて行く時くらいにしか使わないので十分です!

夫実家から譲り受けたキャリーバッグ

夫の実家で飼っていたのはミニチュアダックスフンドでした。小型犬でよかったです(汗)

使ってみて思ったのは、ナイロン製の安物より、しっかりした頑丈な作りのものの方が安心感があるってこと。
もし、これからキャリーバッグを買うなら、こんなタイプのものを選ぶと思います。↓↓↓

不要と感じた猫グッズ

実際に飼い始めてみて「これは要らないな」と感じたグッズもありました。

猫用爪切り

ぶっちゃけ、人間用の爪切りでイケます。
獣医さんが使ってるものを見せてもらったりもしたんですけど、使い慣れていない道具の方が怖く感じちゃって。
猫雑誌に「人間用の爪切りでも切れるし、それでOK!」と書かれていたので、実践しました。
とくにおススメなのはこんな感じの巻爪用の直線刃タイプのものです。

できれば切った爪が飛びちらないカバーがついてるといいですね。
ドラッグストアで安いものが売ってますヨ。

保護猫プリンが我が家にやってきて起きた変化

プリンがうちの猫になって半年以上が経過しました。
家の中がすっかり猫飼い仕様になった以外にも変化はありました。

一番の大きな変化は4歳娘です。

おもちゃを出しっぱなしにしておけば、プリンに食べられてしまうかもしれません。
うんちやおしっこの片づけは、人間がしてあげなければなりません。
プリンが嫌がることを無理にすれば、ひっかかれたり、噛まれたりしてしまうかもしれません。

娘にとっては、小さな赤ちゃんが下に生まれたかのような大きな変化だったことでしょう。
目に見えてというわけではありませんが、娘は「おねえちゃん」として成長したように感じます。

夫は、以前犬を飼っていたこともあり、ペットが家の中にいることに関しては特に何も感じていないようです。が。
守るべき家族が1匹増えた、という感じでしょうか。
これまでわざわざお金をだしてお店に行かなければ触れ合うことができなかった大好きな猫が家にいて、抱っこも自由にできるというのは、かなり嬉しいことだと思います。

私も同じです。
わざわざ猫のいるペンションを探したり、猫カフェに行ったりするのは、猫が大好きだから。
でも、よその猫はしょせんよその猫なんですよね。
膝の上にのったり、そのまま寝ちゃったり、なんてこと、猫カフェではなかなか味わえません。
よその家の飼い猫ならなおさらです。

でも、プリンは私のことを「おかあちゃん」と認識しているようで、後追い激しく、座っていると必ずといっていいほど膝にのってきます。
この記事を書いている今も、プリンは膝の上でまるまって爆睡中です。

この程よい重さと暖かさ。
滑らかな毛並みも触り放題。

さ・い・こ・う・・・///▽///

コレが

拾ってきたばかりのプリン

こう!

2021年2月20日の保護猫プリン

大きく立派になったものです(ホロリ)

プリンはこれから避妊手術を受けます。
これも長生きしてもらうために必要なことです。
ワクチンも毎年二回接種し続けていくことになります。
私たち家族も、猫飼いとして日々精進していくことになるでしょう!

twitterやInstagramでちょいちょいプリンの写真をアップしています。
興味のある方はぜひフォローお願いします☆

Z-Kachanをフォローする

コメント

error:Content is protected !!