楽天ROOMやってます★フォローお願いします!

ANAマイルを貯めるの辞めました|楽天ポイントで沖縄に行く!

「私はANAマイラーに、なる!!」と宣言したのは2019年7月の頃でした。
その頃はコロナも無く、実父も健在で、一緒にポイント貯めて行こうぜー!なんてお気楽な話をしていました。

しかし、同じ年の7月末に実父突然の死去!
青天の霹靂とはまさにこのこと。
父を沖縄につれて行くという野望は、こっぱみじんこに打ち砕かれ、私は父を送ること、そして母を支えることに注力せざるを得ませんでした。
まだ、ANAマイルを貯める習慣ができていなかった私は、そんな状況の中でANAマイルを貯めることはできなかったのです・・・。

そんな折、まさかのコロナ騒動。
緊急事態宣言が出され、外出もままならなくなり、旅行なんて考えられなくなりました。
沖縄旅行を強行した芸能人は叩かれまくりです。

2020年5月末の現時点では終息に向かっているようにみえますが、第2波の警告が専門家から発せられています。

しばらく旅行なんてできないのかもしれない・・・

私の「ANAマイラーになって旅行をしまくる!」という夢は、すっかりしぼんでしまったのでした。

私がANAマイラーになれなかった理由

「こういう人はANAマイラーになれない」かもしれません。
その理由について分析してみました。

メインカードが楽天カードだった

我が家はありとあらゆる家計を楽天カードに集約させていました。
楽天ポイントからANAマイルに変換もできるし、いいかと思っていましたが、目に見えてマイルが貯まる感じはしません。

当然ですよね、貯めていたのは楽天ポイントなんですから。

もし、楽天ポイントをANAマイルに変換したら、それなりのマイル数にはなるかもしれません。
でも、楽天ポイントはそれだけで価値があるので、わざわざマイルに変える必要性を感じませんでした。

それだけ楽天にズブズブだということですわ(汗)

ANAマイルを貯めるには、ANAマイルを貯めるのにふさわしいカードを持たなければなりません。
また、ポイントもANAマイルに変換することを念頭において貯めなければなりません。
楽天市場での買い物などにちょいちょい利用してしまう私には向いていませんでした。

ソラチカもTOKYUもカード審査に落ちた

クレジットカードの画像

そもそもカードを作ることができないとか、本当にどうしようもないです(汗)
主人の名義で作ろうとしたのですが、おそらくアレが原因かな~ってやつで審査に落ちてしまいました。

結局、三井住友VISAのゴールドを作り(ワールドプレゼントポイント)、携帯電話の支払いのみこのカードで行いました。
微々たる支払い額なので、たいしてポイントも貯まりませんでした。(200ポイント未満・・・ショボ)

ポイ活がヘタクソ

ポイ活というのは、ANAマイルに変換できるポイントを貯めることができるポイントサイトで、アンケートに答えたり、何か買ったりすることです。
とくにクレジットカードの申し込みは高額ポイントをゲットできるので、上手にカードを作ってポイントを稼いでいる方は、あっという間にANAマイルが貯まるそうです。

しかし我が家はクレジットカードは審査に落ちるし、地道なポイ活も最近はする時間がありません。
ANAマイルを貯めるためにいくつかポイ活サイトに新しく登録してみましたが、ほとんどログインしていません。

楽天ポイントのポイ活はがんばれてるんだけどなぁ。目に見えて貯まっていくから楽しいのよね。

クレジットカードより現金払いが好き

実は私には「クレジットカード支払は借金と同じ」という価値観があるんです。

事実ですけどね!

というわけで、「いつもニコニコ現金払い!」が本来の信条なんです。
後から来た支払い金額みて目玉が落ちそうになった経験、誰にもあると思うんですよ。
そういうの怖くないですか?

カード支払いの方がお得な場面がいくつもあることは理解しています。2020年6月30日までですが、5%還元とかね。
なので、私はいつも使いすぎないように気をつけています。
「使いすぎ恐怖症」と言っても過言ではないかもしれません(汗)

というわけで、どうにもこうにも、自分はANAマイラーには向いていないということがわかりました。
ここからは「楽天ポイントで沖縄に行く方法」について考えてみたいと思います!

楽天ポイントでも沖縄には行ける!

自分たちが沖縄に行くにあたり、何が問題なのか考えてみると大きく2つあるんですよね。

1つ目は沖縄までの航空チケット代。
2つ目は沖縄での宿泊代です。

ちゃんと調べたことはなくても、なんか高いイメージがあるんですよ・・・。現地で遊ぶお金も必要だし、航空代と宿泊代を楽天ポイントで補えればな~と調べてみました。

沖縄までの航空チケット代はLCCで

2021年2月に行くと仮定して、ちょっと調べてみたところ、羽田-那覇間が大人9210円でした。
全然1万円切っちゃうんですね。
日程を工夫すれば、もっと安いチケットもあるかも。

楽天トラベル内でも国内航空券予約はできますが、楽天ポイント決済はできません。ただ、JALだけは航空チケット代の1%が楽天ポイントが付与されるようです。楽天カードを使って決済すれば、楽天カード決済のポイントと、JAL航空チケット代の1%がそれぞれもらえるということですね!

沖縄での宿泊代は楽天ポイントで

楽天トラベルを使えば、当然楽天ポイントでの決済が可能です。
私の場合ダイヤモンド会員なので、一回の予約につき500,000ポイントまで使うことができます。
50万円まで楽天ポイントで支払えるということです。こりゃもう実質タダですよね!

それ以外の会員だと、一回の予約につき30,000ポイントまでと制限されてしまいます。楽天ポイントで旅行をするなら、ダイヤモンド会員であることは必至です。

楽天トラベルの楽パックは楽天ポイント決済可能

楽天トラベルには、航空券と宿泊がパックになった「楽パック」というプランがあります。
これも楽天ポイント決済が可能なので、航空チケットと宿泊代をセットにして一気に楽天ポイントで支払えるというわけです。

何が何でも10万ポイントオーバー貯めたくなってきたぞ!

その他、楽天トラベルでは楽天ポイントがたくさん貯まるお得プランの特集もたくさん組まれています。
楽天トラベル×スーパーDEALの限定プランでは、ポイントが宿泊料金の30%以上貯まる宿が特集されています!
地域ごとに宿泊施設が紹介されており、当然沖縄もありました!

これから楽天ポイント貯めていきます!

というわけで、ANAマイル貯めなくても、楽天ポイントで沖縄に行けそうなことがわかりました。
そのうち楽天カードをGOLD化して、さらにバリバリ貯めていこうと思います!

ANAマイルを貯めることをやめるにあたり、三井住友VISAゴールドカードは年会費支払いの前に解約しちゃうことにしました。微々たるワールドポイントはANAマイルに変換し、ANAマイルはさらに楽天ポイントに変換しちゃおうと思ってます。

旅行というとマイル、という固定概念を覆し、楽天ポイントトラベラー目指してみようかな?!

必要以上に楽天ポイント使わないよう気を付けよっと

コメント

error:Content is protected !!