デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

千葉の猫カフェ|Moff animal cafeイオンモール成田店行きました

猫の画像

動物の中では猫が一番好きなZ-Kachanです。

いや、動物は結構なんでもいけます。
爬虫類でも両生類でもOK。
そのかわり、昆虫は苦手です。(カマキリ先生ごめんなさい。番組は観てます!)

いつか飼うなら猫かな~と思っているくらい猫好きですが、まだ娘が小さいので、彼女が自分で世話できるようになったら保護猫もらってこようかな~と考えています。
そんななのでまだお預け状態の我が家。
たまに猫カフェに行って猫欲を満足させています。

今回行ったのはMoff animal cafeイオンモール成田店
2019年6月にOPENという出来立ての猫カフェです。
イオンモール成田には、”ペーパードライバーな私の運転の練習に”と久しぶりに訪れたので、猫カフェができたなんて全く知りませんでした。

しかも、屋内動物園でたびたび訪れていたMoffアニマルワールド印西店の系列店。
これは入店してみるしかないでしょ!と、同じく猫好きの主人と、ガラス窓越しの猫に目を輝かせていた娘を送りこんできました(笑)

飲み放題のドリンクバー付き猫カフェ

モフアニマルカフェ入り口の画像

入園料は600円/30分(延長200円/10分)、平日最大料金1600円、土日祝最大料金2400円で、3歳以下は無料。
そこにドリンクバー280円がつきます。
平日なら2時間、土日祝なら4時間くらいいるつもりなら、最大料金を払う覚悟で入店した方がいいですね!
3歳以下はドリンクバーも無料とのことなので、実質主人の大人1名分で3歳娘も楽しむことができます。

ドリンクバーはこんな感じ。

ドリンクバーの画像

子どもも好きな飲みものもそろっています。
娘はカルピスを飲んだようです。

入り口には猫じゃらし。

猫じゃらしの画像.

しっかり手を消毒して、いざ店内へ!

お店の中の画像

お店の外からガラス越しに撮影しているので、いろいろ写り込んでいますが。
とても綺麗な店内です。
中にいる猫ちゃんはアメショやマンチカン、スコティッシュフォールドなど、ゴージャスないかにも撫で心地よさそうな洋猫がそろっています。

店内の画像

まったく猫ちゃんが写っていないのは、土日祝ということもあり、”猫あるところに人あり”状態だったので、猫がいない隙にしか撮れなかったからです。
外からみていても、愛想のよい猫ちゃんや、遊び好きの猫ちゃんなどがいて、娘も楽しそうに触れ合っていましたよ!

パーテーションが隣り合っているところには、ちょうど猫が通り抜けることができる隙間が空いていて、そこに入り込んだ猫を猫じゃらしで構おうと必死な人間たちの姿を見ることができます(笑)

立地がゲームセンターの隣というまさにキッズキラー

少し話がずれますが、イオンモール成田には無料で遊べるキッズスペースがここかしこにあったり、ゲームセンターもかなり広かったりと、まさにキッズキラーなショッピングモールなんです。
そこへこの猫カフェです。
フェームセンターでは財布の紐が固かった親たちも、自分も楽しめる猫カフェとなると思わずゆるんでしまうようでした(笑)

ショッピングモールで買い物ついでに、子どももちょっと遊ばせてあげよう・・・私も猫好きだし!という人にはまさにうってつけの猫カフェだと思いました。

ドリンクバーでちょっと休憩もできますしね☆

グループ店舗が全国各地に!

”フクロウや珍しいエキゾチックアニマルなど色々な小動物とふれあえる癒しカフェ”としてMOFFが展開しているお店は全国に広がっていました。

  • イーアスつくば店
  • イオンモール幕張新都心店
  • イーアス高尾店
  • 水戸オーパ店
  • 高崎オーパ店
  • MARKIS福岡ももち店
  • 名古屋PARCO店
  • COCOSA熊本店
  • 大分オーパ店

詳しくはこちらの店舗紹介ページに掲載されています。
猫だけでなく、フクロウやその他小動物とも触れ合えるお店もあります。

私がMoff好きなワケ

猫カフェとか、猛禽類カフェとか、屋内で動物と触れ合うことができる施設はいろいろありますが、私が通うほどMoffが好きなのには、Moffのスタッフがなにより動物好きで、動物第一でお仕事されているのが伝わってくるからなんです。

今回の猫カフェでも、ブラシ片手に店内を巡回していたスタッフさんが、さっと猫ちゃんをブラッシングして、またさっと去っていくのを見ました。
必要以上には触れず、でもケアだけはしっかりとする姿はプロなんだなと感じました。

あと、Moffアニマルワールド印西店での話ですが、ここではヒヨコに触れ合うことができて、3歳娘も一番のお気に入りだったりします。
でも、ヒヨコっていつかニワトリになりますよね?
なんとなく気になって、スタッフさんにたずねてみたんです。
このヒヨコたちはどうなるんですか?って。

そしたら、一緒に展示されているフクロウたちのエサになるというんですね!
当然、ヒヨコたちをエサに加工するのも、スタッフの仕事だというんですよ!

可愛いだけじゃ飼育できない現実を目の当たりにしました。
そのスタッフさんも、少し辛そうにお話ししてくださってね・・・

ああ、この人はヒヨコだって可愛いと思ってるんだ。
でも、フクロウのためにはそうするしかないんだ。

残酷な現実を、それでも隠すことなくお話ししてくださったそのスタッフさんに、やはりプロとしての高い意識を感じたのです。

そういった、お客さんにはなかなか話づらいであろうことであっても、真摯にお話してくださるスタッフさんのことが、私は尊敬できると思うし、彼らから伝わってくる動物への愛情が、お店にもあらわれていると思います。
なので私は「どこか良いとこない?」と聞かれると、よくMoffをオススメするんですよ☆

公式アプリでスタンプが貯まる♪

Moffには公式アプリがあって、関連施設共通のスタンプカード機能がついています。
1スタンプ1000円からですが、家族みんなで利用したらあっという間に貯まりそうです。
スタンプが全部たまると全施設共通クーポンがもらえます♪

MOFFの公式アプリ | GMOおみせアプリ

ニュース配信やクーポン配信もあるので、お目当ての施設のイベント情報などもゲットすることができますよ!
もし、お近くに Moffがあるようでしたら、ぜひチェックしてみてください♪

スポンサーリンク
房総ばなし
スポンサーリンク
Z-Kachanをフォローする
稼ぐ!育てる!在宅ワークかあちゃん奮闘記

コメント