【超初心者向け】NISAって何なのさ?

どうも~
投資経験ゼロ!知識もほぼゼロ!Z-Kachan(ぜっとかーちゃん)です!

晩婚&高齢出産で、40代にして子どもがいまだ2才という、今後の家計が心配な我が家。
家計が心配なら、専業主婦なんてやってないで、外に働きに出ればよいのでしょうけど、ある事情から私は在宅ワークでなんとか稼ごうとしております。

私はアラフォーで結婚、出産をして、現在は育児中の専業主婦やっています。 高齢出産からの高齢育児で体力的に大変に感じることはあります...

老後の資金に加え、これから教育資金も貯めなければいけない我が家。
まぁ、老後の資金は個人年金などの準備をしているので、おそらく大丈夫でしょう。
娘の教育資金も、学資保険でなんとかなるとは思います。

でも、いろいろやりたいことはあるのですよ!

娘の習い事、もしかしたら留学、家族としても旅行、家電製品の買い替え、リフォームなどなど、いくら備えていても憂いは晴れない気がしてしまいます。

少しでもお金を増やしたい!

というわけで、お金を増やす方法についてちょっと考えてみました。

この記事は、お金を増やしたいけど、増やす方法がわからない人向けの記事になっています。
やたら小難しいお金の専門用語を見るのもイヤ!という人向けの記事でもあります。超初心者向けにざっくりとした内容になっています!
スポンサーリンク




お金を増やすにはどんな方法があるの?

パッと思いつくのは貯金ですかね。
我が家では定期預金をしています。
家計に無理のない程度にちょっと貯めておくかという程度のものなので・・・

毎月1000円です(笑)

同じ銀行で、普段使う口座とは別に定期預金口座を作りました。
通常口座から自動的に毎月1000円、定期預金口座へ自動的に振り込まれていきます。
もちろん、手数料は無料です。

ただ、定期預金は普通預金と比べてほんの少し利率が良いといった程度。
3年間で4円の利息です。
お金を増やすという目的は、一応達してはいるものの、物足りないですよね。

「もっとしっかりお金を増やしたい!」

お金を増やすには、お金を動かす必要があります。
それが、投資なんですね。

投資って何なのさ?

投資は企業などにお金を投じて、その企業のスポンサーになるということですね。
で、そのスポンサ―のメリットが、見返りである「利息」だったり「株主優待」だったりするわけです。

投資にもいろいろ種類があって、これがまた難しい(笑)

・企業の株を買う株式

・あなたの代わりに専門家が株式などを売買して運用する投資信託

・外国の通貨で預金する外貨預金

FXも投資の1つです。
一時期えらい流行りましたよね。
私は「絶対損する!」と思って、調べようともしませんでしたが。

そう、私は、投資=損する、というイメージしか持っていなかったんです。

もしくは、多少損しても平気なお金持ちがやるイメージですね。
私のような一般庶民は手を出してはいけないものだと思い込んでいました。

でも、最近では「家計に無理のない程度に」できる投資が増えてきました。
その代表がNISAです。

NISAって何なのさ?

NISAは投資信託の一種です。

「あなたの代わりに専門家が株式などを売買して運用する」ことによって、預けたお金が増えるという仕組みですね。

普通の投資信託と違うのは、得られた利益に税金が課せられないということです。

いや、そもそも、投資信託とかで得られた利益に税金がかかるってこと自体知りませんでしたけど?!

投資に興味のない私のような人間にとっては、「分配金や譲渡(売却)益が発生した場合、20.315%課税される」なんてこと自体知らないんですよ。

だから、NISAで非課税がどうのとか言われても、ピンとこないわけです。

もちろん、NISAで得られたすべての利益が非課税かというとそうではなく、限度額が設定されています。

この非課税枠の限度額というのが、次に説明する「NISA」と「つみたてNISA」の大きな違いになってきます。

「NISA」と「つみたてNISA」はどう違うの?

「NISA」と「つみたてNISA」は非課税限度額や非課税期間が異なります。
専門用語が出てくるので、とりあえず太字の部分だけしっかり目に入れてください(笑)

NISA つみたてNISA
非課税投資枠 毎年120万円 毎年40万円
投資可能期間 2023年まで 2037年まで
非課税期間 購入してから最長5年間 購入してから最長20年間
投資対象 公募株式投信、上場株式等 長期分散投資に適した公募株式投信等(購入手数料無料)
購入方法 一括・積立 積立のみ

※引用元:http://bit.ly/2OCMWC1(ゆうちょ銀行の公式ページへ飛びます)

「NISA」は短期でガツンと利益を得るよう運用するイメージ。
「つみたてNISA」は長期でコツコツ投資し続けて利益を得るよう運用するイメージです。

毎月10万とか投資にまわせるような人は「NISA」がいいんでしょうね。
私はコツコツ少額でやりたいので、「つみたてNISA」が向いているのかなと思っています。

あと、通常投資では、株とか債権とかを購入する際に手数料が発生することがあるんです。
「つみたてNISA」は購入手数料が無料の投資対象にしか投資できない仕組みになっているので、購入手数料が発生しないのも魅力的です。

ちなみに、「ジュニアNISA」は「つみたてNISA」の未成年向けという感じ。
成人後は「NISA」へ自動的に移行するそうです。

でも元本割れの危険があるんでしょう?

投資は元本割れの危険があります。
損することもあるということです。

元本割れリスクについては、私は専門家ではないので説明できません。
ただ、短期運用でなく、長期運用であれば、元本割れのリスクを分散することができるのだそうです。

「つみたてNISA」は長期運用向けで、かつ、購入手数料が無料の投資先が最初から用意されています。
用意された低リスクの商品の中から選ぶわけです。

なので、がつんとは増えないけど、そこそこ増えるかな、という「つみたてNISA」が私のような庶民には向いてるかなと思うのです。
「もう十分利益ついたし、今お金を使いたいから」という理由で、途中解約もできますしね。
(途中解約もお金かかるのかな・・・?)

それに、少額積立なので、「ああ、そういえばやってたな」くらいな気持ちでできるので、たとえ元本割れしても、家計には響きません。
家計に響かないように投資ができるのが、「つみたてNISA」ということですね。

楽天ポイント投資も実は気になっていた。

私は楽天のヘビーユーザーでして、ふと確認してみたらポイントが結構貯まっていたんです。
公共料金なども楽天カードで支払いをしているので、かなりのスピードで貯まっていきます。

公共料金の支払いをクレジットカード支払いにまとめることにしました。 理由は簡単、クレジットカードのポイントを集めるためです。 こ...

楽天ポイントはタダでもらった仮想通貨です。
これなら元本割れしても痛くないよね、と思って、楽天投資を調べたのがきっかけでした。

楽天投資では楽天ポイントで「つみたてNISA」ができるようなので、やってみてもいいかもしれません。

ただ、我が家は楽天ポイントを使ってお買い物もしたいので、今回は見送りました。

ハイリスクが怖いなら、ローリスクでいくしかない。

私はとにかく損することが嫌いです。
損するかも、と考えるだけでイヤです。
いくら「たくさん稼げますよ!」と言われても、ハイリスクなら絶対手を出しません。

ただ、今回投資について調べてみて、完全にゼロとはいかなくても、ローリスクな商品があるということは理解できました。
元本割れはしないけど、たいして利息のつかない預金・定期預金に預けておくより、月1000円からでも投資してみるのはアリかもしれません。

「年末の宝くじより確実にお金が増えるよ」

こう主人に言われ、私の頭にぴょこんと投資の芽が生えました。
年末に、縁起かつぎ~と毎年1万円分買っていた宝くじ。
せいぜい300円戻ってくるだけです。
とんでもないハイリスクなギャンブルですよね(笑)
それに比べたら、「つみたてNISA」の方がずっとマシです。
少なくとも、貯金にはなりますからね!

NISAという仕組み自体が、私のような投資キライな人を投資に呼び込むための施策なので、「やってもいいかも」なサービス内容になっているんだと思います。

実際に「つみたてNISA」の口座を開いたら、また続報をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク







フォローする