楽天ROOMやってます★フォローお願いします!

のぼれんニャンをブログで紹介!使ってみてどんな感じ?

猫侵入脱走防止柵のぼれんニャンを使ってみた

猫飼い歴半年のZ-Kachan(ぜっとかーちゃん)がこれまで購入してきた猫グッズの中でも、必須中の必須と感じたのがこののぼれんニャン!

実際つかってみてどうだったのか、値段相応の効果はあったのか、ご紹介します!

猫侵入防止柵としての機能は十分!大満足ののぼれんニャン

結論から言えば、「のぼれんニャン」を購入して大正解でした!

のぼれんニャンのおすすめポイント
  1. 突っ張り棒式で取り付け場所を選ばない
  2. 突っ張り棒式で取り付け簡単
  3. 猫が突破できない十分な高さと柵
  4. 両開きのドアで出入りが楽
  5. ドアに上下2つの鍵が付いていて安心
  6. 同類商品の中では安価

1.突っ張り棒式で取り付け場所を選ばない

実際に突っ張り棒を立ててみてわかったんですけど、我が家のオープンキッチンについているカウンターが地味に邪魔だったんですよ。
だから、突っ張り棒のうち1本はキッチンの中、もう1本はキッチンの外に置いて、ドアが斜めに設置されるような形になっています。

のぼれんニャン設置例
ちょっと段違いになっているけど、そこはご愛敬!
使い勝手としては何も問題ありません☆

このように置き場所の自由度が高いのも、のぼれんニャンのおすすめポイントです!

また、突っ張り棒式なので、賃貸でもOKなんですよ。
これはデカいと思いませんか?
クギなどで壁や床を傷つけることもありません。

2.突っ張り棒式で取り付け簡単

本当のところを言うと「簡単」とは言い切れないかもしれません(汗)

だってこんな大きいんですよ?!
重さだってそこそこありますし!(重量約4.5kgですってよ!)
大人二人かかりでようやっと設置した感は正直あります(汗)

でも基本は突っ張り棒を突っ張らせるだけなの。これは本当。

突っ張り棒にフェンスを取り付けたり、フェンスに扉ロックを取り付けたりするのも、基本はジョイントをガチャッとはめるだけ。

後はスムーズに扉が開閉するか、鍵はちゃんとかけることができるか(高さが合っているか)を確認しておしまいです。

3.猫が突破できない十分な高さと柵

フェンスの高さは最大190cmにまで伸ばすことができるので、まずジャンプして飛び越えるというのは考えにくいです。

また縦柵なのでそこを登るのも不可能です。

柵の間、柵の下、ポールと壁の間も3.5cmになる設計なので、猫が通り抜けることはもちろん、無理やり通ろうとして頭を挟む心配もありません。

ものすごいパワーが強い猫ちゃんとか、まだ子猫の小さい猫ちゃんが突破することはあるかもしれません。でも、一般的に考えても突破は難しい作りだと思います。うちは生後半年3kg足らずの小柄でスリム猫ちゃんですが、下の鍵さえつけておけば突破はされません!

4.両開きの扉で出入りが楽

実はこの両開きの扉、開ききるとロックされるんです。
つまり、両手が塞がっていても通ることができるんですね!

また前後どちらにも開くのも便利です。
通る時に、引きたいときもあれば、押したい時もありますよね。
のぼれんニャンはどちらにも開くので、通るときのわずらわしさが軽減されます。

5.扉に上下2つの鍵が付いていて安心

パワーがある猫ちゃんの場合、下の鍵をかけていないと突破されます。

我が家の生後半年でスリム猫なプリンですら、下の鍵がかかっていないと無理矢理侵入してきます(汗)

逆に言えば、下の鍵さえかけておけば、突破されないということです。

さらにその鍵は猫にはとうてい開けることができない二重ロック機能もついているので万全です☆

6.同類商品の中では安価

これだけの機能が備わった同類商品となると、もっと家具っぽいというか本格的なドア!といった風情の商品になってくるので、お値段も高価です。

本格的すぎると、素人の私たちには設置できないかもと気が引けてしまいましたね・・・高いし。

のぼれんニャンも猫のためだけに購入するものとしては安い商品ではありません。
でもこれより安い商品となると、犬には効果があっても猫はダメだろうという物になってしまうんですよね。

安くおさえようと我が家もなんと自作・DIYができないかとか、もっと安い商品はないかと探しました。

実際、オープンキッチン侵入防止柵は、夫が百均の材料で自作したんですよ!

オープンキッチン 猫侵入防止柵
オープンキッチンとしての特徴を活かすために、下に小さな扉もつけてもらいました☆

でも日常的に人が何度も出入りするような場所に、素人の扉をつけても、正直荷が重いですよね(汗)

素人の私たちでも取り付けられる、そして十分猫侵入防止柵として機能するのぼれんニャンは、やはり正解だったと思います!

のぼれんニャンのここがイマイチ

のぼれんニャンを使い始めて2ヶ月経過したところですが、使い勝手としては本当に問題ありません。

強いて言うなら・・・なイマイチポイントを挙げてみます。

のぼれんニャンのここがイマイチ
  1. 設置はそこそこ大変
  2. 突っ張り棒がずれることがある
  3. 下の鍵もかけないと猫が突破することがある
  4. 鍵を外す猫がいるらしい

1.設置はそこそこ大変

なにせ「扉」なので、大きいし重いんです。
まずはのぼれんニャンを組み立てるスペースが必要です。

公式サイトでは女性一人で設置している動画がありますが、私一人でやる・・・のはちょっとイヤだなぁ(できないとは言いませんけどね!)

のぼれんニャンの設置動画がある公式サイトはこちら!

PETSELECT ペットセレクト : のぼれんニャン バリアフリーⅡ | 猫用フェンス / 猫用ゲート
愛猫の脱走防止に!登りにくいタテ型フェン...

2.突っ張り棒がずれることがある

突っ張り棒なんでね!
強くぶつかってしまったりすると、ずれることはそりゃありますよね!

でも、簡単に直すことができるのであまり気になりません。

たまに遠目で見てみて、ゆがんだところがないかチェックしてます♪

口コミで「床と足の間に耐震ジェルパッドをかませればズレにくくなるかも」と書かれていたので、試してみてもいいかもしれませんね。

3.下の鍵もかけないと猫が突破することがある

だからこそ、上下2か所のダブルロックになっているんだと思います。

我が家の場合、何がなんでも侵入して欲しくない時(料理中など)以外は、上の鍵だけで済ませていることが多いです。

逆に言えば、下の鍵もかけておけば万全!ということになるので、のぼれんニャンのデメリットとしては弱いかな(笑)

「うちのパワフル猫ちゃんは(下の鍵をかけておいても?)突破した!」という口コミがあったんですが、下の鍵の位置をもっと下にしたらどうかな?と思いました。

設置する場所はその家それぞれ。
「それが仕様です」と言われたら、あとは合うように自分たちで工夫すればいいだけのことですよね!

4.鍵を外す猫がいるらしい

とても賢い猫ちゃんだと、鍵を外してしまうこともあるようです!

でものぼれんニャンバリアフリー2の鍵は二重ロックになっているので、ここまでやればまず鍵を開けられることはないでしょう。

我が家ではあと1台購入予定!

人は出入りするけど、猫には入って欲しくない場所に設置するのにおすすめなのぼれんニャン
我が家はではすでに二台目購入が決定しております!

人も猫も、ストレスフリーで安全に生活していくためにも、猫の侵入防止・脱走防止はしっかりと行っていきたいですね。

コメント

error:Content is protected !!