デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

40代主婦がペーパードライバー教習を受けてみた|その1

私は最後に運転したのが10年前くらいの北海道旅行でレンタカーを少々、という、筋金入りのゴールドペーパードライバーです。

運転しないから違反切符をとられることもない、ゆえにゴールド免許保持者!←えばれない

そんな私が一念発起!
ペーパードライバーの汚名を返上して、運転できるようになろう!と決意しました。

ペーパードライバーを克服する方法はいくつかあります。

  • ネットなどの情報を見て、自力でがんばる
  • 運転できる家族に教えてもらう
  • ペーパードライバー教習を受ける

私は極度の運転恐怖症なので、自力でがんばるという選択肢はありません。
もうね・・・運転怖いの。
怖すぎて、運転してる途中でハンドル手放して運転放棄したくなるくらいなの。(超危険)
そんななので、サポートなしで運転席に座るのはナシです。
運転できる家族に教えてもらうとなると、我が家の場合主人に教えてもらうことになりますが、「教えてくれる?」ときいてみたころ、「いやぁ・・・」と気乗りしない返事が返ってきました。
主人も人に運転を教える自信はないのでしょう。

今、思い返してみれば、主人に教わるのは完全NGでした。理由は後で・・・

となると、プロの先生に習うしかありません。
そう、ペーパードライバー教習です!

さて、今回はそんなゴールド免許所持ゴリゴリペーパードライバーのZ-Kachanが、ペーパードライバー教習を受けることによってどれだけ運転できるようになったのか、また、ペーパードライバー教習とはどういったものなんか、レポートしていこうと思います!

ペーパードライバー教習をどこで受けるか?

ペーパードライバー教習は2種類あります。

  • 普通の自動車教習所で行っているもの
  • 自宅まで出張してくれて行うもの

私の場合、小さい子どもがいることと、駐車場を含め自宅周辺を運転できるようになりたいことなどから、出張教習をお願いすることにしました。

そうと決まればどこの業者に頼むかです。
教習メニュー、料金、口コミなどを比較して、今回決めたのはこちらの業者でした。

ペーパードライバー講習出張専門スクール|優しく丁寧にペーパードライバー教習
【Nスタ/スーパーJで特集】ペーパードライバーの方に簡易補助ブレーキを付け優しく基本から個人レッスン致します。17名のサポーターが運転のノウハウをご指導します。口コミ7000件以上掲載/関東最大40000人教習実績-東京(都内) 神奈川 埼玉 千葉に出張-

ペーパードライバースクール ウインクリエートさんです。
決め手は数多くの取材を受けていること。
いわゆる「出張ペーパードライバー教習といえば」ここなのかな?と思ったからです。
取材動画がホームページにアップされていたので、実際のレッスンを動画で確認できたのも良かったですね。
たくさんの事例を観ることができるので、私の体験談読むよりホームページの動画を観た方が早いかも(笑)

ただ、出張可能地域があって、実は私の住んでる場所はその地域外でした。
メールで問い合わせたところ、「大丈夫ですよ!」とお返事いただきました。
出張可能地域外なので追加料金が発生するかなと思ったのですが、それはナシ。
誠実な印象を受けました。

正直、公式HPデザインが古いというか、ゴテゴテした写真バナーが多用されてて情報過多というか、最初は不信感がありました(汗)でもメールの応対は迅速で丁寧でしたし、そういった不安はすぐ払拭されました。
もったいないから公式HPデザイン、私、作り直しましょうか?(笑)

ペーパードライバー教習を何回受けるか?

何時間教習を受けたら良いのかは、運転に対する恐怖度、不安度によると思います。

私は最多の「ペーパードライバー4日コース(1日120分)」を申し込むことにしました。
一番回数が多いプランです・・・それだけ自分の運転技術に自信がないってことですよ!(涙)
でも、私が4回コースを選んだ理由には他にもありまして、どこまで運転できるようになりたいのかという目的がはっきりしていたからでもありました。

  • 自宅駐車場の駐車
  • 自宅周辺のスーパー、義実家まで
  • 自宅から実家まで(含高速)

ここまで運転できるようになりたい!
それにはおそらく4回の教習が必要だろうと考えたのです。

最初の問い合わせメールにも、上記の目的をお伝えして、可能かどうか相談しました。
すると、進捗具合にもよりますが可能、といったお返事をいただき、とても頼もしく感じました。

出張教習で一番良いのは、依頼人の要望に細かく応じてくださることだと思います。自分にぴったりのプランを組み立ててくれる、いわばオーダーメイド型教習ってことです!

毎週土曜日連続4週できる日程で調整していただいたので、料金は割高(土日祝57,000円(税別)ですが、普段主人が乗っている自家用車で教習するには仕方がありません。
前のレッスンから一週間開いてしまうスケジュールはマズイかな?とも思いましたが、自動車教習所もそんな感じですから気にしないことにしました。

ついにペーパードライバー教習初日!その内容は?

自宅の車を使っての教習なので、先生は公共機関で来られました。
爽やかな男の先生がいらっしゃいました!
あらかじめ、3歳の娘と主人の同乗については問題ないとの返答をいただいていたので、二人には後部座席に乗ってもらって、いよいよ教習スタートです。

「なぜ運転が怖いのか?」教習はヒアリングから始まりました

まずは先生が運転しながら、なぜ私が運転を怖いと感じているのか質問されました。
私の場合、

  • 自分の運転技術に見合っていないスピードが出ると怖い
  • 父が怒る(笑)

ということをあげました。
私が運転免許とりたてのころから、たまに乗るたび、父に同乗してもらったのですが、私がヘマしたり、駐車練習がうまくいかなかったりすると、怒るんですよ(涙)
運転していてまったく楽しくなかったし、運転練習しようなんて気にもなれませんでしたね。

「私は絶対おこりませんよ(笑)」と先生は言いつつ、スピードについてはこう教えてくれました。

  • 法定速度内で走っていればOK(上限50km/hなら40km/hで走ってもOK)
  • ゆっくり走っていても上手なドライバーは追い越してくれる
  • 車間距離は十分開ける
  • 前の車に追いつこうとしなくていい
  • とにかくアクセルやブレーキ操作はそっと行う
  • 車がギュッと動くのは怖い
  • ハンドル操作もゆったりと
  • 車がギュッと動くのは怖い(二度目)
  • 安全確認をしっかりするクセをつけて、事故らないことが一番大切

実は、父も主人も、結構スピード出すドライバーなんですよね。
のろい車を追い越すタイプ。
お手本にしたい身近なドライバーがそういった”スピード狂”なので、流れにのらなくちゃいけないって気持ちというか、スピードはある程度出さなくちゃいけないなんていう呪いがかかっていたことを今回自覚しました!

そんなことより、安全運転の方がずっと大事です。
カーブだって10km/h以下の徐行が基本です。
ゆっくり曲がっていい。(直接目視もして安全確認)
一時停止や赤信号はゆっくり止まっていい。(確実に止まることの方が大事)

「後ろから追いつかれたら焦ってしまう」という恐怖には、「まず、後続車のことは考えないようにしましょう」と言われました。
まぁ、若葉マークをつけてもたもたしている車がいたら、「仕方がないな」って気持ちは多少わきますよね(汗)

たまに、耕運機を運転して渋滞起こしてるおじちゃんとか見受けますが、堂々としてますよね!(笑)そんな彼らを少しだけ見習って、安全運転を心がけて堂々と運転できるようになろうと思いました。

「流れにのるのも大切ですが、それはおいおいでいいんですよ」
つまり、もっと運転に慣れてから、スピードに慣れてからでいいということですね。

最初、緊張と恐怖で顔がひきつっていた私に、先生は
「怖さは忘れずに、でも緊張しないで、怖がらないで、緊張はして」
と相反するアドバイスをくださいました。
怖がってもいい、緊張してもいい、それはむしろずっと持ち続けなければならない感覚だということですね。
先生自身も緊張して走るし、怖いなって思いながら走ってますよと言われて、そうなのかとホッとしました。

ゆっくり運転していたら恐怖が薄れてきた

先生から運転を代わり、ゆっくり運転していくうちに、だんだんコツがつかめてきました。
最初はアクセルやブレーキの感覚がわからず、ギュッといった”怖い”車の動きになったりもしましたが、先生は怒ったりせず(笑)
少しずつスピードも出すことができるようになりました。(といっても40km/hくらいw)

上手な運転というのは、乗ってる人の体がガックンガックン揺れたりしない運転のことなんですね。
急ブレーキ気味だったり、曲がるときでもあまりスピードを落とさなかったり、車間距離があまり開いていない車に乗ってると、私は怖いと感じます。

主人!オマエのことダーッ!!

ゆっくりではありますが、スムーズに、車体をガクガクさせることなく、ハンドル操作やアクセル、ブレーキ操作ができるようになったようで、褒めてもらえるようになりました!
先生に褒めてもらえたら、少し自信も出てきます。←単純
いやいや、これでいいんだという自信は次へ進むために大切ですから!

ゆっくり運転のお手本は実は身近にいました。主人の父、つまり舅さんです。あまり外出好きではなく、車も近所を運転する程度なので、スピード出したりすることがないんですよね。穏やかで安心できる運転なので、そこを目指そうと思いました!
主人の運転はヘタクソと思うことにしました(笑)

自宅駐車場は一発で入庫!

一番大切な自宅駐車場では、教習所でも習った直角駐車を教えていただきました。
コツを教えていただき、また安全確認はどのタイミングでどのようにすればいいのか、細かく教えていただきました。(思いだそうとしたらちょっと忘れてたからまた教えていただこう(汗)
我が家の駐車場は簡単な方らしく、私でも一発駐車ができました。

でも少し右に寄ってしまったかな?と先生に言ったところ、他の車の駐車状況を一緒にみてみましょうと言われました。

みてみると、みんな結構適当なんですよね(笑)
線にのっちゃってたり、曲がってたり。
そういうのを見た後で私が駐車したのをみると、すんごくキレイなんですよ(笑)
ああ、私でもできるんだって、また自信をつけていたたきました。

ペーパードライバー教習は恐怖を克服しつつ自信をつける教習!

今回教習を受けてまず感心したのは、私の運転に対する恐怖について質問されたことでした。
そしてその恐怖心を克服する方法を教えてくれて、さらに褒めて自信をつけてくれました(笑)

  • なぜ怖いのかを分析して的確にその克服方法を教えてくれる
  • 怖くない運転=安全な運転を徹底的に教えてくれる
  • 褒めてくれる(笑)

やはりプロだなと感じました。
それも、ペーパードライバー専門のプロですからね!
私のような・・・いえ、私よりやっかいな(笑)ペーパードライバーを数多くみてきて、安全運転へと導いてこられた先生ですから、教え方が本当に上手でした!

各回教習後にアンケートが送られてきて、先生チェンジしますか?みたいな設問がありましたが、もちろんノー!でございます!

普通の教習所だったら、ここまで繊細なケアは難しいと思います。
まだ残り3回ありますし、私の目標はまだまだ高いですが、先生を信じて頑張ろうと思います!

コメント