デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

サイコパス 三部作 Case3「恩讐の彼方に――」ネタバレ&見どころをおばちゃんオタクが解説します!

アニメPSYCHO-PASSのタイトル画像

Case1、Case2、Case3と映画3部作すべて観終わりました、アラフォーオタクのZ-Kachan(ぜっとかーちゃん)です!
主婦オタクに優しくない上映時間で、Case3もやむをえずMX4Dで観ました。
早朝8時台の上映だったり、ちょうどいい時間はお高いMX4Dだったり・・・
PSYCHO-PASS は普通の2Dでいいってば!(涙)

初MX4Dの感想込みCase2の感想レポはこちら!

上映回数も少なくて、あまりな扱いなので、PSYCHO-PASSって本当は人気ないの?とガッカリしました・・・が。
Case3の嬉しすぎる展開に、浮かれて足が地につかない状態になりました!

まずは落ち着いて、Case3の鑑賞レポをお届けします!

すでにBlu-ray化されています!ほ、欲しい・・・///

Case3のあらすじ|ネタバレなし

舞台はチベットと思われる国。
民族紛争が絶えず、避難民まで武装ゲリラに襲われるという物騒な地域です。
そこへわざわざ行くという佼噛さん。
彼の目的がなんなのか、いまいちわからないんですが、それは本人にもわかっていないからなんですね。

日本で槙島殺害という復讐を果たした彼は、心の赴くままに、「善いことをしよう」と放浪しているようにみえます。
例えそれが殺人であっても、佼噛さんにとって「善」と思えればそれを遂行する。
世の中、きれいごとだけじゃ生きていけないということですね。

そんな中出会った少女・テンジンは家族を武装ゲリラに殺され、復讐をするため、佼噛に「先生になってもらえませんか」と懇願します。
実はテンジンの父は日本人で、「恩讐の彼方へ」という文庫本が、彼の遺品だったのです。
佼噛はテンジンに戦う方法(実際は身を守る方法)と、日本語を教えることになりました。

一緒に暮らすようになった佼噛とテンジンの元に、Case1、Case2と登場した花城フレデリカが訪れます。
外務省の人間でありながら、公安に出向してきたり、須郷監視官を引き抜こうとしたり、なにやらキナ臭いことを抱えていそうな彼女。
佼噛さんをわざわざ扮装地域にまで探しにくるとか、尋常じゃありません。
シビュラの佼噛さんへの執着を感じます。

その後、テンジンの仇が見つかり、テンジンの家族が殺された真相が明らかになります。
佼噛さんは「殺す」決断をし、花城フレデリカの協力をあおいだ結果――

すごい展開になります!

Case3結末ネタバレ!|とんでもないムネアツ展開が待っていた!

Case3は、2019年10月放映が決定された、PSYCHO-PASSテレビシリーズSeason3へつながっていく予感がします。
Season3では、新人監視官2人の物語ということでしたので、おなじみのメンバーの登場は期待していなかったのですが、映画Case3でまさかの展開になりました。

ネタバレされたくない人はここで回れ右してください(無茶いうなw)

なんと・・・

なんとなんと・・・

な、な、なんと!

佼噛さんが日本へ帰国することになりました!!

Case3で花城フレデリカに借りを作ってしまった佼噛さん。
彼女に従うことを承諾した結果、日本へ帰国することになったんです。
外務省と公安局と、組織は違いますが、おなじみの一係メンバーと顔を合わせることもありそうですよね!

朱ちゃんは佼噛さんに会ったらビンタしそうだなぁ。
ポニチカはニヒルに微笑み合って終わりになりそう☆

Case3みどころ|サービスショット満載すぎぃ!

相変わらずムキムキトレーニングする佼噛さんも素敵なんですが、Case3は花城フレデリカ回といっても過言ではありませんでした。

まさかのお風呂シーン!

おそらく外国の血が入っている、ナイスバディなフレデリカさんの裸体を拝むことができます!
バインバインなバストもさ、さ、さきっちょまで・・・きゃーっ///

ついでに佼噛さんのお風呂シーンもあるんですが、コウちゃんはほら・・・TVの時から上半身裸とかしょっちゅう観てたからさ・・・(何)

一体誰向けサービスなんだろうと疑問にも思いましたが、ごちそうさまでした~☆

コウちゃんの心には常に槙島

Case3にはなんと槙島聖護が登場しました!
どうやらコウちゃんの心に住み着いてしまったようです・・・
ポニチカは片想いですね。

ポニチカ(宜野座さん)の心の中にコウちゃんが、の記事はこちら!

映画の大音量で櫻井さんの素敵ボイスを堪能できたので、これはこれで満足です☆

佼噛さんとフレデリカの共通点

フレデリカがカウンセラーのように、佼噛さんの心理を暴いていくシーンがあります。

日本には佼噛さんのお母さんがご健在なこと。
一係のみんなには、自分のことは忘れて欲しいと思っていること。
ズバズバ指摘するフレデリカに「きつい女だな」と笑う佼噛さん。
すると、フレデリカは「私も雑賀先生の生徒だったのよ」と言います。

雑賀先生というのはTVシリーズで登場した雑賀譲二のことですね。
臨床心理学が専門の元大学教授で、公安局の刑事に向けた、犯罪心理学の特別講義を受け持っていました。
フレデリカが雑賀先生の生徒だったのは大学時代なんでしょうかねぇ。

Case3で協力して作戦を遂行するところをみると、意外とこの2人、ウマが合うようです。
ただ、フレデリカはシビュラ配下の人間なので、どこまで信用できるかは、TVシーズン3を待つしかないでしょうね。
ううう、楽しみすぎるぅ!

今回もドミネーターの出番なし!それでもPSYCHO-PASSワールド爆発!

厳密にいえば、Case2はラストはドミネーター=シビュラの採択が下ります。
でもCase3は外国が舞台ですから、ドミネーターはまったく登場しません。
それでもPSYCHO-PASSっぽいストーリー展開で、映画3部作の中ではこのCase3が一番好みです!

PSYCHO-PASSはシビュラに支配されている世界観が独特ですが、それでも犯罪は起きるし、犯罪を起こすのは人間なんですよね。
色相がクリアではければ存在が許されない世界においても、犯罪は起きる。

Case3では平和という正義のために、殺人が行われます。
こうした矛盾は私たちが生きている現実世界でも起きていて、そこがリアルで、切なくもあります。
正義を求めて、殺人という犯罪を犯した佼噛を、今後シビュラはどう扱うのでしょうね。

脳みそだけ取り出してシビュラにとりこみました☆という結末だけは勘弁してくれ~(T▽T)

Case3はTVシーズン3への布石のようなラストだったので、10月の放映がますます楽しみになりました!
PSYCHO-PASS旋風、どんどん巻き起こしていってほしいですー!

映画PSYCHO-PASS Case1「罪と罰」がコミカライズされています!

コメント