公共料金はクレジットカード支払いが断然お得!楽天カードへ切り替えてみた。

クレジットカードの画像

公共料金の支払いをクレジットカード支払いにまとめることにしました。
理由は簡単、クレジットカードのポイントを集めるためです。
こちらの記事でも紹介している、ポイント大量獲得のための施策です。

💳ポイントカード使い切ってますか? 今や誰もが持っているポイントカード! でも、たくさんありすぎて使いこなせていない人が多数! ...
スポンサーリンク




まずは、支払い可能な公共料金を確認しよう!

我が家のカードは楽天カード(VISA)です。

楽天カード(VISA)で支払い可能な公共料金は以下のとおり。

  • 携帯電話
  • 電気料金
  • 固定電話料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • プロバイダー料金
  • 新聞

我が家で関係があるのは、電気、ガス、新聞なので、この3つをクレジットカード支払いへ変更しました。

手続きはインターネットから可能!

電気、ガス、新聞、すべてWEB上で手続きを行うことができました。
土日祝日関係なく手続きができるということですね。
これは便利♪

楽天カードの会員専用サイトの楽天e-NAVIから「お支払い(ご利用明細)>公共料金のお支払い」のページへ行き、それぞれ契約している会社のボタンを押すと、クレジットカード支払いへ変更する手続きの画面に移ります。

そこで、必要な項目を記入し、申し込みをすれば完了です。

手元に検針票支払い伝票などを用意しておくと、スムーズに記入を進めることができますよ。

ちなみに東京ガスは楽天e-NAVIの画面からはリンクされていなかったので、東京ガスのHPでの手続きになりました。

東京ガスの個人(ご家庭)のお客さまホームページ クレジットカード払いのお申し込みのページです。

また、携帯電話料金もクレジットカード支払いへ変更したかったのですが、docomoの場合、クレジットカード名義が携帯電話の契約名義と同一でないと申し込みができないのだそうです。
携帯電話の契約名義は主人で、楽天カードは私名義なので、携帯電話はあきらめました。
(主人のクレカはあまりお得なクレカじゃないので、普段使わないのです。)

さぁ、これでどれだけ楽天ポイントが貯まることになるのでしょう?!

公共料金を楽天カード支払いに変えただけで貯まる楽天ポイントは?

我が家の公共料金の支出予算に対して、楽天ポイント(100円=1ポイント)がどれだけ貯まるか、試算してみました。

  • 電気予算 ¥12,000=120ポイント
  • ガス予算 ¥12,000=120ポイント
  • 読売新聞 ¥3,721=37ポイント

合計277ポイントが毎月貯まることになります。
つまり、1年間で3324ポイント貯まることになります!

ざっと3000円分タダでもらえるということですね~。
いままで銀行口座引き落としで支払いしていたのがもったいなく感じます。

公共料金がまだ口座引き落としだという方は、クレジットカード支払いにした場合のポイントがどれだけ貯まるか、ぜひ一度確認してみてください♪

楽天e-NAVIは、楽天カード会員様専用のオンラインサービスです。月々のご利用明細やご利用可能額の確認、住所変更、お支払い方法の変更など、さまざまなサービスをパソコンや携帯電話を使ってご利用いただけます。

そういえば生協ってクレジットカード支払いできるのかしら?

毎月支払いが発生しているものが、公共料金の他にありました。

生協です。

我が家が入っているのは、「コープデリ」です。
早速調べてみたところ、

ウイークリーコープは、クレジットカード・デビットカードではお支払いいただけません。
引用元:coop-deli eフレンズ よくある質問より

とありました。
ウイークリーコープというのは毎週カタログが届くプログラムです。
一般的な生協のイメージそのものですね。

少なくともコープデリは、金融機関の口座からの口座振替での支払いしか対応していないようです。
毎週使っているだけに、楽天カード支払いにしてポイントを貯めることができないのは残念でした~。