楽天ROOMやってます★フォローお願いします!

押入れの眠り資産を生きたお金に!切手・テレカ・時計を売ってみた!

切手アルバムの画像

手紙や書類を送る以外の目的で、切手を買ったことはありますか?

切手ってシーズンごとに綺麗なシリーズが出ていたりして、結構きれいなんですよね。
子どもでも買うことができる芸術作品!といったら大げさでしょうか。

私と主人は切手コレクターブーム最後の世代でした。
それぞれ実家に押入れで眠っている切手アルバムが何冊かあり、実家の両親に「どうにかしてくれ」と言われ続けていました。
私たちは面倒くさがって、そのうち引き取るわ~、と言い逃れしていましたが、ついに重い腰をあげることにしました。

切手買取をしてもらうことにしたのです。

でも、切手買取ってどうしたらいいの?

早速ネットで調べてみました。
切手買取には大きく3つの方法があるようです。

町の買い取り業者に持ち込む

近所にも切手買取をしているお店がありました。
こうしたお店に持ち込むだけなら簡単です。

でも、こうしたお店で切手をなるべく高く買ってもらうためには、台紙貼り切手といった下準備が必要とのこと。
台紙貼りをしていない切手はそもそも買取すらしてくれないところもあるのだとか。

もう面倒くさいです。

オークションで売る

一番高く売ることができるのがオークションなのだそう。
使用済切手も高額で取引が期待できるとか。

でも、台紙貼りすら面倒がってる私たちにとって、1枚もしくは1シートごとにオークションにかけるなど、ありえません。

それに、私たちがもっている使用済切手なんて、子どもの小遣いで買い集めた、もしくは郵送されてきた封筒から取り外したものです。
おそらく価値はゼロでしょう。

ネット買取業者に売る

小さい子どもの世話に追われる私たち夫婦にとって、手間がかからず簡単に買い取ってもらえるサービスがベストです。

ネット買取業者なら箱に詰めて送るだけ。

いくつも似たような買取業者がありましたが、今回私たちが利用したのはこちらの業者です。



坂上忍さんが出演している宣伝が印象的な、切手買取専門/スピード買取.jpです。

なぜここを選んだのか。

ねじねじの中尾彬さんご夫妻が出演している宣伝の業者もあったんですが、坂上忍さんの方が好きだったので、スピード買取.jpにしました。
こんな理由で決めちゃうんですから、宣伝って大事ですよね。

あいみつもり大事というけれど。

最初は、中尾彬さんと坂上忍さんと、両方の業者さんにあいみつもりをとろうと考えていました。(もはや俳優名)
スピード買取.jpに申し込みの電話したときも、あいみつをとろうとしていることを先方に伝えました。

でも、下記の理由から、結局あいみつはとりませんでした。

  • スピード買取.jpの査定額は変動する。あいみつ後に下がる可能性がある
  • 査定後の返送料は客負担
  • 時間がかかる

1番の理由は3つめの「時間がかかる」です。
スピード買取.jpに申し込みの電話したときはGW前だったのですが、GWをはさむからとはいえ、切手発送用のキットが届くのがGW明けの週半ばだというんですね。
2週間も3週間もかけて戻ってきた切手を、また中尾さん(が宣伝している業者さんw)に送って査定してもらう、という手間と時間がものすごく面倒に感じてしまいました。

スピード買取.jpのオペレーターにその場であいみつをとることをやめ、スピード買取.jpにすべてお願いすることにしました。

宅配ボックスに売れそうなものを詰める。

GWがあけ、待ちに待った宅配ボックスが届きました。
早速、各実家からひきあげてきた切手アルバム7冊を入れました。
ちなみに、台紙貼りをすることによって査定額が変わることは無いとの返答でした。
あまりきちんと整理されていないアルバムを、そのまま宅配ボックスへ入れて完了です。

「これも売れるかな?」

主人が持ってきたのは古いテレホンカード
結構な枚数がありました。
雑誌の懸賞などで当たったものや、記念でもらったものらしいです。
私も何枚か持っていたので、一緒にスピード買取.jpに出すことにしました。

「そういえば使っていないCOACHの時計があったな」

ブランド物とはいえ、さんざん使った古い型のものです。
売ってお金にしようと考えること自体おこがましい感じもしましたが、家に置いておいても誰も使いません。
多少の査定額の上乗せになればと思い、ファスナー付きのビニール袋に入れて宅配ボックスに入れました。

スピード買取.jpのオペレーターに集荷を電話で依頼。

宅配ボックスは、スピード買取.jpの提携業者に集荷・発送してもらいます。
集荷の依頼はスピード買取.jpに電話でお願いします。
金曜日に連絡したのですが、「引き取りは火曜日になります」とのこと。

宅配ボックスが届くのに時間がかかったり、引き取り手配まで時間がかかるところをみると、結構人気なんですね。
切手だけでなく、手広く買取をしている業者さんですから、混雑しているのかもしれません。

発送から2、3日後、宅配ボックスが先方に到着した連絡を電話で受けました。
査定は1週間ほどかかるとのこと。
まぁ、そんなものでしょう。

査定にあたり、希望査定価格をきかれた。

宅配ボックスが届いた連絡と同時に、希望査定価格をきかれました。
あいみつもりをとろうとしていたから、希望査定価格があるのかの確認でしょうか。
でも、あいみつをとる気持ちはありませんでしたので、適当に「1万円」とか答えてしまいました。

でもこれは失敗だったかもしれません。

切手買取に出す前に、しておかなければならないこと。

今回出した切手の中には、未使用の切手も多く含まれていました。
これは、郵便局にもっていけば、手数料はとられるものの、新しい切手と交換することができる、生きた金券です。
もちろん交換しなくても、普通郵便などで使用することができるものです。

切手買取に出す前に、未使用の切手の額面総額は計算しておくべきでした。

手間を惜しむあまり、損してしまったかもしれません。

1週間後、査定価格の連絡が電話できました。

いったい、いくらで売れたのか、気になりますよね。
COACHの時計、テレカ、切手、どれが1番高額だったのかも気になりますよね。

今回の査定額、ざっとこんな感じでした。

  • COACHの時計 ¥1,000
  • テレカ ¥2,300
  • 切手アルバム7冊 ¥14,300
  • 合計 ¥17,650

押入れで眠っていたものが、まぁまぁまとまった金額になってくれました!
切手がこの査定額になったのは予想外です。
未使用切手の額面総額がいくらだったのか、計算していなかったのが悔やまれます。

査定額に問題がなければ、3営業日以内に指定口座に振り込まれます。
これで買取は終了です。

不用品買取はさっさとすべし!

ネット買取業者、切手買取専門/スピード買取.jp手間もかからず、とても簡単に不要なものを買い取ってくれました。

申し込み後は基本的に電話連絡です。
感じのよいオペレーターさんだったので、最後まで気持ちよく取引ができました。

切手買取専門とうたっていますが、スピード買取.jpが扱っている品であれば、一緒に査定に出すことが可能です。(時計とかテレカとか)

ただ、切手を売るときは、未使用切手の額面総額だけはきちんと把握しておきましょう。
失敗しちゃった私との約束ダゾ!

切手買取専門/スピード買取.jpでは買い取ってもらえなさそうな商品は、メルカリを使うと売れることがありますよ!
詳しくはこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください!

不用品売るならメルカリが初心者向けでオススメですぞ!40代主婦でも売れました♪
いつの間にか増えているタンスのこやし。我が家にも仕事を辞めて着ることがなくなった服や、出産を期に着ることができなくなった服がありました。ブランド物なら売ることも考えられるけど、いずれもノーブランドの安物・・・。でもそんなに回数を着...

コメント

error:Content is protected !!