デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

台風直撃!外に出られない3歳児との過ごし方10選!

楽しみにしていた10月の3連休。
12日(土)は引きこもり決定の千葉県民、Z-Kachan(ぜっとかあちゃん)です。
台風19号ハギビスは、関東にとって最悪の進路をとることになるとのことで、思い切り進路直下に住んでいるわたくし、必死で台風対策を講じているところでございます。

そうしたことが落ち着いてくると、ふと、昼寝中の3歳娘に意識がいきます。
猛烈な雨風の中、おそらくカーテンも閉め切って(破損した際飛び散らないように)、非日常的空間で過ごすことになるであろう3歳娘。
彼女を笑顔のまま過ごさせるにはどうしたらいいのか、考えてみました!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その1:家族全員でおままごと

3歳娘が今、ハマりにハマっているのが、人形を使ってのおままごと遊びです。
我が家にはシルバニアファミリーがあるので、その人形を使ってひたすらおままごとしています。

そのおままごとを、主人と私を含めた家族全員で、真剣に取り組む!

・・・想像しただけで吐血しそう。
腰が痛くなっちゃうから、できればテーブルの上でやりたいな・・・。

遊びではなく、真剣におままごとするというのもアリかと思います。
例えば、本気の料理を家族全員でやる!
パンを作ってみたり、クッキーを焼いてみたり。
なるべく手間がかかって時間がかかる料理がいいかもしれません。
子どもに「シェフ」とか「店員さん」とか役目を与えてやらせるのがコツです。

朝食、昼食、夕食は非常食使いまわしたっていいんだからさ!

ポイントは、普段やらないお父さんを巻き込むこと。
母親と違って父親って、突飛なアイデアが飛び出したりするから、面白いんですよね~!
頼りにしてるよ、お父さん!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その2:風呂場でシャボン玉

3歳娘のために、我が家ではシャボン玉が常備されています。
シャボン玉液はなくても簡単に作れるし、お風呂場でなら室内でシャボン玉遊びができます。

汚れても、すぐ着替えられますしね!

子どもって水遊び大好きですよね。
台風がくる夏から秋にかけてなら、ぬるま湯でなら水遊びも十分できるかと。

水遊びといえば、室内で遊べるこんなオモチャがあります。

子どもたち、絶対喜びますよねー!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その3:プチ運動会

先日、プレ幼稚園やリトミックでやったんですが、例えば。

  • たま入れ:新聞を丸めたものを、カゴにいれるだけ
  • アンパンチごっこ:新聞を両手でもって、パンチさせて破かせるだけ
  • カエルさんごっこ:ひもで作った輪っかの中にジャンプさせるだけ
  • 電車ごっこ:紙テープをもって電車ごっこするだけ
  • ポンポン取り競争:ビニールテープなどで作ったポンポンを子どもとの間において、歌に合わせて取りあう。歌う人はゲームに参加していない人が良い
  • 洗濯バサミ競争:ありったけの洗濯バサミを出して、何かに競争ではさんでいく
  • ツムツム競争:なんでもいいのでひたすら何かを積み上げる(積み木とかジェンガとか)

などなど・・・
なぜか子どもって、市販のおもちゃより、手作りのものの方が好きなんですよね。
そんな彼らの好奇心をくすぐる、こうしたゲームをして時間をつぶすわけです。

Youtubeやスマホなどで、それっぽい音楽流せたらいいですね!
停電してなければ、ですが(汗)

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その4:絵本読み聞かせ

地味ですが、絵本に限らず、なんでもいいです。
子どもの前に本を並べて広げ、「どれ読もうか?!」と誘って、指さされたものがたとえ辞書や説明書でも読んであげましょう!

・・・本当は、事前に図書館へいって、絵本などを最大数借りてくることが吉。
読んだことのない絵本は、きっと喜んでもらえるでしょう。
図書館によっては紙芝居を貸してくれるところもありますよ。
兄弟が多い家庭なら、紙芝居屋さんごっこをするのもいいですね。
駄菓子なんかも用意してみてさ♪

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その5:プールで子どもハウス

夏に庭で広げて遊ぶ子ども用プール。
あえて室内でふくらませて遊ぶのも楽しいですよ!
屋根つきのものであれば、ちょっとした子どもハウスになります。
こんなのあったら最高ですね!

水の代わりにボールをいれてボールプールにしてみたり。
おもちゃを入れておもちゃ屋さんごっこをしたり。
家の中にプールという非日常的光景に、子どもたち興奮すること間違いなしです!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その6:ファッションショー

台風シーズンってハロウィーンとかぶり気味なので、仮装衣装なんかもあったりするんじゃないでしょうか?
そういったものを「着ていいよ!」といった感じで着せて遊ぶのも楽しいですよ!

我が家ではちょうど、ディズニーハロウィーンに参加するため、家族3人分の衣装を用意しているので、予行演習で着て過ごすのもアリかな(笑)
娘の衣装はこちらです★

また、子ども服ではなく、お父さんやお母さんの服を上手く着せちゃうのも楽しいかも!
子どもって、大人のまねっこが大好きですから。
女の子だったら、お母さんの服とか着てみたいんですよね~。
普段と違う子どもたちの姿を、写真に撮ったりして遊べたら、猛烈な台風襲来も楽しい思い出になるかも?!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その7:粘土遊び

鉄板の室内幼児向け遊びです。
大事なのは、家族全員で、真剣に取り組むこと!
大人も実際やってみると夢中になれるので、オススメの室内遊びです。

プレ幼稚園で油粘土で遊んだんですが、大人の私もかなり楽しかったです!

選ぶ粘土は3歳児くらいまでならシンプルで安全なものがいいかなと。
いろんな色がセットになっているものもありますが、混ざってえらいことになりそうです。
こちらの粘土なら、子どもの大好きな3原色なので、喜んで遊んでもらえそうです。

粘土から派生して、室内用砂場遊びなんてものもあります。
我が家にはありませんが、室内で遊ばざるをえない時は重宝しそうです。

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その8:折り紙遊び

これも鉄板中の鉄板ですね。
折り紙も、ただ折るのではなく、切ったり、糊で貼ったりもするのです。

3歳娘はまだ上手に折ることができませんが、画用紙に貼ったり、セロテープでつなげたり、ハサミで切ったり、破ったりはできます。
折り紙だけでなく、カラー広告チラシなどでも、思いがけなく楽しい作品ができちゃうかも!

大人はネットで紹介されている特殊な折り方の折り紙に挑戦してみるといいかも。
かなり夢中で遊べます(笑)

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その9:家中を使ったかくれんぼ

ポイントは大人も真剣に隠れるということ。
鬼は子どもにやらせるのがいいですね。
「ありぃ~?どこかなぁ~?」とかわいい声に、「ここだよぉ~」とついアピールしてしまったりするのですが、楽しいですよ!
隠れる場所は、毎回別場所でなくてもよくて、1、2回おきに同じ場所に隠れても十分楽しめます。

主人にやらせると、本当にトリッキーな場所にかくれて、娘が半泣きになるので、ほどほどにしていただきたいです(笑)

人が隠れるのには無理があるのなら、お人形かくれんぼでもいいです。
人の代わりにお人形さんを隠して探させるのです。
宝探しみたいで楽しいですよね!

台風直下の自宅で3歳児と過ごす方法その10:普段NGなことをあえて遊びに

我が家でNGとしていることに、脚立のぼりがあります。
脚立・・・子どもとしてはのぼりたいですよね、遊びたいですよね。
そこで、台風中だからOK!ということで、めいっぱい脚立遊びさせてしまおう!ということです。

あとは布団マットレスでのトランポリン
ソファは傷めちゃうので推奨できませんが、まぁ、布団マットレスくらいならアリかなと。

我が娘は一度マットレスから転げ落ちたことがあったのでNGなんですが、親の目があるところでなら「特別だよ!」と思い切りやらせちゃうのもアリかなと!

というわけで、猛烈な台風が襲来して、家に引きこもりになっても大丈夫になるように、室内で子どもを遊ばせる方法について考えてみました!
すべてに共通する楽しむポイントとしては、大人も真剣に取り組むこと!
ぜひ、チャレンジしてみてください!

コメント