デザインを変更しました!(SimplicityからCocoonへ)

猛烈な台風直撃!主婦がやっておくべき備え10選!

台風19号の画像

令和元年は史上最悪の台風襲来の年となりそうです。
間もなく関東に上陸する台風19号(ハギビス)は、ハリケーンレベル5、むしろ、いままで設けていなかったレベル6クラスと海外の気象科学者に言わしめるほどの規模。
また、非常に強い勢力での本州上陸は1991年の統計開始以来初めてのこと。
おそらく専門家であっても、どんな被害が起こるか正確に予想できる人はいないでしょう。

twitterやネット上で、さまざまな台風対策があがっています。
主婦として台風直撃の前に備えておくべきことをまとめました。

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその1:水

飲料水・生活用水として水は欠かせません。
我が家はウォーターサーバーを導入しているので、12ℓ入りの容器が2本常備されています。
停電してもサーバーが使えなくても、ボトルから直接水を取り出す方法はあるので大丈夫。

ウォーターサーバーがなければ、ペットボトルの水を箱買いですね。
twitterで拾った情報ですが、500mlのペットボトルに水をいれて凍らせておくと、停電時の保冷剤としても、飲料水としても使えるので便利だとのことです。

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその2:非常食

非常食というと、カンパンとか長期保存できるお菓子とか、そんなイメージがありましたが、最近はいろいろありますよね~。
我が家の非常食は缶詰、カップ麺、ビスコです(笑)
あと、常温で日持ちする豆腐というのを最近知り、常備しています。

森永の豆腐なので、味は美味しいですし、普段使いも問題ありません。
パサパサしがちな非常食の中で、潤いを与えてくれる貴重な食材となるでしょう!

小さなお子さんがいるなら、ミルク、パウチの離乳食、小袋お菓子などを備えておくといいですね!子どもの好物は必須かと!
我が娘は牛乳、プリン、アイスと、冷蔵庫なしではなかなか与えられないものが好物なのが辛いですが、常備しています(汗)

「サッポロ一番は水だけで作れる」というツイートもまわってきました。非常食の参考に。
ちなみに私が一番好きなラーメンがサッポロ一番なもので、袋めんの備蓄はすべてサッポロ一番です。美味しいよね!

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその3:ガス

ガスコンロとガスボンベ!
常にワンセットで揃えておくべきです。

ガスコンロがあるのは知っていたけど、予備のガスボンベがないことに気が付いた~!台風直撃前日ともなると、売り切れちゃってました・・・主人の実家から1本分けてもらいます(涙)

こういう非常時、アウトドア慣れしてる人は強いだろうなぁ。
こういうのも持っていそう★↓↓↓

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその4:電気

停電になってしまったら、夜、真っ暗になってしまいます。
小さな子どもがいたら、怖がって泣いちゃいそうです。
非常灯は必要ですね。

私は100均で、非常用ロウソクとガスライター(チャッカマンなど)を購入しました。
あと、季節的にハロウィーン用のLEDランタンも購入!
実物です。↓↓↓

これが家中並んでたら、やはり娘が泣きそうだったので、1個に留めておきました(笑)

電池も必要です。
懐中電灯などに使う電池の型を確認して、多めに備えました。

【超重要!】携帯電話は常に満タンに!

使っている携帯電話を充電満タンにしておくのはもちろんですが、使っていない携帯電話も満タンにしておきましょう。
ライトとして使えたり、wifiが生きている場所では最低限のネットができるはずです。

ちなみに、災害時には、災害時にだけ開放される無料wifiがあります!

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその5:保冷

台風15号で千葉県が甚大な被害をこうむりましたが、その大きな原因が停電でした。

停電した際は冷蔵庫・冷凍庫は開けないというのが鉄則です。

停電に備え、保冷剤を凍らせておき、一番上の棚に置いておくと保冷されやすいそうです。
私は大き目の保冷剤を冷凍しておいて、台風直撃の前夜に一番上の棚に移動させておこうと思います。

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその6:トイレ

断水してしまったら、トイレも使えません。
電気を使って水をくみ上げるタイプのトイレの場合は、停電時も使えなくなります。

我が家では非常用トイレを常備しています。
安いものではないので、少しずつ買い足ししています。

こういう固めるタイプの非常用トイレの場合、オムツ捨てポットがあると衛生的にさらに◎。我が家はオムツ捨てポットがあるので、いざという時は活躍しそうです。子育て世帯は災害時に弱者になりやすいですが、有効活用できるグッズを持っていることもあるかも!

非常用トイレが無い場合は、トイレのタンクに水を入れて流すことが可能なので、事前にお風呂や洗濯槽に水をためておくといいですね。我が家もやっとこ。
もし、断水が回復しても、トイレを一番に流すのはNGだそうです。

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその7:清潔

断水した場合、食器を洗うことも、体を洗うこともできなくなります。
それに備え、紙皿・紙コップ・使い捨てスプーンを100均などで購入しておくといいですね。
紙皿がなければ、普通の食器にラップをするだけで洗いものいらずになります。
また、何に使うかわからないので、トイレットペーパー・ティッシュペーパーも在庫チェック!

体は、介護などに使う清拭タオルや、水を使わないシャンプーなどを備えておくといいです。

うちは子連れで遠出して、帰りが遅くなって子どもをお風呂に入れられない場合を想定して、清拭タオルと水を使わないシャンプーを持っています。

ちなみに歯磨きは、歯磨き粉をつけてブラッシングしたあと、口をすすがない方が良いそうですよ!

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその8:ガソリン

直前ともなると、ガソリンスタンドにガソリンがないとか、ガソリンが少ないから入場規制しているところも出てきます。入れるにしても大行列とか。無事満タンにすることができるか、不安になりますよね。

いざという時のために、ガソリンは半分になったら補充する、を習慣づけておくといいです。
燃費の良い車だと尚よし。
我が家は私が脱ペーパードライバーしたこのタイミングで、トヨタのアクアを購入することにしました。

ぱぱーん★

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその9:片づけ

ベランダや玄関、庭に植木や物が置かれている場合、吹き飛ばされないように家の中に入れるなどする必要があります。
自転車やバイク、三輪車、子ども用おもちゃなども要注意です。すべて屋内に避難させるなどして片づけておきましょう。

台風が発生して、予想進路が自分の家にあたるのであれば、あらかじめ家屋の点検をしておきましょう。

マンションの台風対策

マンションは頑丈な鉄筋コンクリートなので、屋根が吹き飛ばされる心配はありませんが、ベランダに物を置いていたりすると、自分が加害者になる可能性があるので、やはり片づけはしっかりしておきましょう。
網戸も飛ばされたりしないよう、しっかりはまっていることを確認してください。
物干しざおも地面に置くだけで備えになります。

物が飛んできて窓が破損する可能性はゼロではありません。
マンションには雨戸がないので、代わりに内側からカーテンを閉めておきましょう。
宮古島在住経験者の知恵がtwitterでまわってきました!

サランラップー!
なるほどなぁ。
それでも割れちゃって大変なことになることはあると思うので、寝る時は枕元にスリッパを用意しておきましょう。

また、換気扇や換気口を閉じておくことも大切。
台風15号の時、自宅に戻った時、土埃でエライことになってました(涙)
24時間換気システムも停めておきましょう。

台風直撃!主婦がやっておくべき備えその10:非常持ち出し袋

いざという時に避難できるように、非常持ち出し袋を用意しておきましょう。
命を守るためのグッズあれこれを入れておくのはもちろんですが、主婦として気になるのは貴重品ですよね。
通帳やカードそのものではなく、口座番号の控え、保険の番号の控え、印鑑があれば良いそうです。また、停電時は口座からお金を引き出すことはできなくなるので、現金も必要です。
他、身分証明書、母子手帳、予備のメガネ・コンタクトレンズ、生理用品などもまとめておきましょう。詳しくは下記の日本赤十字社による「非常時の持ち出し品・備蓄品チェックリスト」を参考にしてください。

事前準備大事!防災グッズは少しずつ整えていこう!

私もうっかり、ガスボンベを切らしてしまっていました。
台風直撃するかも、というニュースが流れた時点で、備えの確認をしておくべきでした(後悔)
ガスは止まらないことを祈ります!

コメント